Teck Kee Wanton Mee @ Tanjong Pagar Plaza : 細麵の旨さに感激の Wanton Mee。

日本では昨日、今日が仕事納めのところも多いようで、年始の4日を休めばかなりの大型連休になりますね。とはいえ、こちらシンガポールでは割とカレンダー通り。我が家の場合は、オットは31日までバッチリお仕事、1日だけ休み、あとはまた通常営業~なわけでして、今年は普段と変わらない年末年始になりそうな予感。

ちなみに昨年はオットだけがシンガポールに先に赴任してきていたので一人ポツネンと大みそかを過ごしたらしいですが、NHK で「行く年来る年」を放映していても除夜の鐘とシンシンと降る雪のシーンがでて「あけましておめでとうございます」とアナウンサーが話している時間帯は時差の関係でこちらはまだ11時台という皮肉さ。(*'ω`*)ゞ

ま、そんなのもアリってことで。

そんな話はさておき、自分は我が道を行く・・・・まだ記録できていないものを備忘録として残しておかねば。
この間、といってもずいぶん前なんですが、Teck Kee Wanton Mee にやっと行くことができました。
e0271868_11241375.jpg

というのも、2011年版の Makansutra には Zion Road の Coffee Shop にあると書かれているのに、行ってみたらすでにその店はなかった・・・というオチがずいぶん前にありまして。どこかに Relocate しちゃったんかなぁと残念に思っていたのですが、2013年版のをチェックしていたら同じ店の名前を見つけ、あれ?と住所を見るとなんと Tanjong Pagar Plaza に移転していることが判明。あらま、ってことで平日にムスコと一緒に訪問。場所としては Blk#5 で以前書いた Homebaked Dough があるのと同じ建物、同じフロア。

おー、見つけた!と思ってここ↓のキューに並んでいたんですが・・・・
e0271868_11273087.jpg

なんかみんな、Yong Tau Foo みたいなやつとか、Fish Soup/Noodle みたいなのばっかりオーダーしていくなぁ・・・・変なの・・・・と懐疑的に思いつつやっと自分の順番が来たので「Wanton Mee の Dry のやつ一つ」と言ったら、「Wanton Mee?? それはあっち」と少し離れた店を指示される始末・・・・ orz
やっぱり自分の第六感を信じればよかった。。

指示された店にいくとオバちゃんが店頭で客を切り盛りし、奥でおっちゃんが調理をメインに担当していました。
e0271868_11321196.jpg

チャーシューもしっかり店先にかかってて、間違いない、この店だってことでまた並ぶアタシ。ほどなくしてオーダーできたのですが、一番スタンダードな Wanton Mee ($3.0) をお願いしてみました。他にもいろんな具材がのっかった Special なるものもあって目移りしたんですが、まずは定番をチョイス。
ささっと調理していただいてできたのがこれ。
e0271868_11354525.jpg

んんん???



店頭の看板の写真で見たのより、何となくチャーシューがおとなしめ・・・・かしら。
しかしながら一番サイズが小さい $3.0 にも関わらずしっかりとしたボリューム。チャーシューは前述のとおり薄目にスライスされていてこじんまりとしてはいますが、麵はとっても綺麗な黄色の細麺でみるからに美味しそう。

全体を混ぜていただいてみると、、、、おーーー、これはウマイ。

最初の第一印象でチャーシューに少し凹んだ自分だったので、大丈夫かなぁと少々期待薄であったのは事実なのですが(笑)、チャーシューや麵のタレの味付けが若干甘目であるものの、全体をからめていただくとちょうどいい塩梅に。なお、こちらのWanton Mee はわりと汁っけが多いタイプのものでした。
e0271868_1141193.jpg

特に麵がこれまで食べてきた Wanton Mee の中でも格別。先に紹介したサイトでも "The noodles in this stall are specially made and according to the stallholder, it is "All Egg" noodles which means they use a lot more eggs than the normal ones." とあるように、こちらのストールで使われている麵は卵が通常のよりたっぷり使われている模様。細いながらも腰があり、もちっとしていて本当に美味しかった。

麺好きのムスコはこれを見逃すわけはなく、めーんとまた唸るので、チリはつけずに麵だけをあげたところすごい嬉しそうに食べる、食べる(笑)。それを見かねたスタッフのお兄さんが「麵を細かくカットしてこようか?」と声をかけてくれてありがたくお願いしました。
e0271868_11451980.jpg

こういう配慮ってやっぱり嬉しいものだ。

そして、Wanton Mee に欠かせない、雲呑ですが。こちらは麵とは別にスープの中に入っているタイプ。
e0271868_1138544.jpg

それほど大きいものではないのですが、一口サイズでいただけるし、味もまずまずでした。

こちらのお店はこういったタイプのお店には珍しく、麵が盛り付けられたお皿だけは陶器で、スープのほうはメラミン食器というコンビネーションだったのが印象的。

チャーシューがもう少し厚切りで味付けが甘目じゃないと嬉しいのだけど、もしかしたら別メニューのスペシャルのとかにしたら違うのかも?とか思ったり。食べている間にもどんどんお客さんが行列をなしていて、とっても人気のあるストールなのだなぁと思いつつ、2人で完食。ごちそうさまでした。

--------
Teck Kee Wanton Mee ★★★☆☆
Blk 5, Tanjong Pagar Plaza
#02-04/05
Teck Kee Coffeeshop
* こちらのお店は Makansutra の Wanton Mee のカテゴリで4本箸を獲得しています(2013年版)

↓最後までお読みいただきましてありがとうございました。よろしければクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by umiteii | 2012-12-28 11:55 | + シンガポール・ローカル
<< Smitten Coffee ... Christmas High ... >>