「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ランチ ( 53 ) タグの人気記事

Excelsior Caffe @ 五反田東口店: 久しぶりにお手軽モーニングセットで遅い朝ご飯。

昨日の寒さより和らいでる感じがする今日。朝イチで免許更新に行って、講習受けてさっくり新しい免許をゲット。今日はシンガポールに夕方の成田発で戻るので忙しい。
朝ご飯抜きでチェックアウトとか諸々をやってたので腹へったーってことで若干遅い朝食。五反田で乗り換えだったので、久しぶりに降りてエクセルシオールに入ってみました。

もう春らしいメニューもあるのだなぁ。甘そうだから飲まないけど…(笑)
e0271868_10192082.jpg

モーニングセットなるものがあったのでそれにしました。Bセットの海老とツナ卵のサンドってやつ。それとホットのカフェラテ。
e0271868_10192835.jpg

海老は思ったより大きめで二尾入ってた。卵のタルタルはまずまずだけど、ツナってどこ??という位の存在感…
フォカッチャぽいパンはちょっとベチャっとしててあまり美味しくなかったなー。残念。

もう年齢にムリがあるので、最近は全く見てすらいないのに、たまたま今日発売のmoreがこんなオマケ付きだったから買っちゃった。
e0271868_10193457.jpg

歯ブラシセットなんて中々ないじゃん。けど、中身は見ないだろうから、昔流行ったビックリマンチョコと同じかな…(笑)
[PR]
by umiteii | 2013-03-28 10:05 | + 日本・カフェ バー

Cafe de Hong Kong @ Balestier Road : カフェという名の絶品ローカルレストラン。

今回、以前からブログを通して存じ上げており、アタシ自身もそのブログの大ファンである lovehorse さんがシンガポールに突撃されるとのことで、その滞在期間中にご飯でもどうですか?と声をかけていただきました。

うほ!嬉しい~!どうせなので「それなら週末のお昼にでもいかがでしょう?あ、すいません、オットも(実はブログの大ファンでして)、お邪魔でなければ一緒でもいいでしょうか?そのほうが種類いろいろ頼めますし・・・・あ、あと子守も頼めるし・・・」と何ともアカラサマな申し出をさせていただいたところ「いいわよ~」とあっさり快諾(笑)。ありがたい。

いろいろと事前に下調べをして、店をリストアップしたのを見ていただき、「ここは umiteii さんにお任せします!!」と言っていただいたので、初めて行った店がとんでもないことだと(マズイとか酒がないとか)ヤダなーってことでその前の週にオット(とムスコ)と偵察にいきました。向かったのは Balestier Road。お店は、ココ。
e0271868_21494627.jpg

この「新天地・・・」と書いてある看板の店が目的地です。店に近寄ると入口はこんな感じ。結構広めなレストラン。
e0271868_21505038.jpg

ほーと思っていたら、このときちょうどスコールが来た時だったのでタイミング的には絶妙(笑)。そのまま中に入りました。そうすると想像していたのとは別の空間が広がっています。
e0271868_21524068.jpg

何となくカフェっぽいインテリアだったりします(笑)。お店のご主人らしき方が「あの子が書いたんだよ」と言っていたんですがホントなのかな。いろんな作風のものたちがあって可愛らしいです。
e0271868_21544221.jpg

芸が細かい。
e0271868_21551834.jpg

マーライオンもちゃんといた!
e0271868_22531169.jpg

今回は万全を期して予約しておいたので奥の方に通していただいて着席。目の前にはオススメメニューも掲げてありましたよ。
e0271868_2157890.jpg

店内のディスプレイはカフェっぽい印象を与えるものが多いけれど机とかイスはかなりローカライズされていて普通のレストランって感じなのでその辺はご注意を。でも、これ見てずっと来たかったの!!!
よっしゃ食べるぜ!ってことでメニューを拝見しつつ、まずはビールっ!!!
e0271868_215989.jpg

ここは缶ビールをわざわざグラスについでくれます。しかも割と安い。お決まりの茹でピーナツの箸が進む~
んで、食べ物食べ物~とメニューを見てるとおばちゃんがいろいろオススメを教えてくれました。
それを聞きつつ食べたいものをいくつかチョイス。まずは前菜チックに帆立を。帆立の炒め物、ブロッコリー添えとでもいったほうがいいのかな。そんな感じのものです。
e0271868_222982.jpg

帆立がやわらかい!しかもウマミがたっぷり!ブロッコリーの歯ごたえがこれまた違うのがいいですねぇ。にんにくとしょうがなどの香味野菜の香りと味わいもまたいいアクセントになってて、ふー、またビール進んじゃう。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-24 00:00 | + シンガポール・ローカル

Da Paolo Ristorante @ Holland Village : 大通りから一本入った小道にあるイタリアンでランチ。

かなり前のことなのですが、一応行ったお店の記録をしておかねば。

Holland Village の駅近く、 Jalan Merah Saga の通り沿いにあるお店でお友達とランチしたことがありました。こちらでは割と名が知られている Da Paolo Groop のレストランのひとつ、Da Paolo Ristorante です。
e0271868_1881080.jpg

このあたりって、平日は本当に人がまばらで静かですねー。逆に週末のほうが混み合ってる気がします。この日も平日のお昼時だったのですが、お店は12時ごろに行ったのに全然すいてて、予約なしでもそのまますんなり入ることができました。
この通り沿いには同じ Da Paolo 系列の Pizza Bar があります。とりあえず暑かったので中に通していただき席についてメニューを拝見。子供用のハイチェアの用意もありました。
e0271868_18112794.jpg

何にしようか迷ったけれど、この場にいた皆がランチのセットメニューをチョイス。前菜、メイン、デザートのそれぞれ用意されているものの中からひとつずつをチョイスできます。ドリンクは確かセットには含まれていませんでした。
お店の中は白とブラウンを基調としたカラーで非常に清潔感があり綺麗。出入り口に近いところはオープンになっているので開放感も感じられます。
そしてしばしの歓談のあと、まずは前菜が運ばれてきまして。アタシはお肉の乗ったサラダ。
e0271868_18134914.jpg

思った以上に厚みのあるステーキ肉がフレッシュ野菜とともに盛り付けられた一品で、お肉はやわらかくて美味しかった。実はちまっとしたボールでちょちょっと出てくる感じなのかと勝手に想像していたのですが、これ一つでもしっかりとした量があった気がします。まずまず。

そして、メインはムスコも食べられるようにサフラン入りのリゾット。
e0271868_18164610.jpg

上にのっているのはラグーソースでした。これがぼんやりとしそうなリゾットのアクセントになっていましたが、ちょっと味が濃かったかな。。

そして、デザートはチョコレートムースのケーキ。ムースの中にはバナナが隠れていて、添えられたベリーがプレートの中で彩りを与えてくれていました。
e0271868_18203947.jpg

個人的にはチョコは大好きなんですが、バナナがそこまで好きではないのです、アタシ。。
チョコとバナナの組み合わせってベストと一般的に言われてるかと思うのですが、自分の嗜好では得意でないほうだったので、ちょっと残念(涙)。

全体的にはポーションは普通~若干少な目、くらいかな?味も可もなく不可もなく・・・でしょうか。自分がセレクトしたチョイスがちょっとはずれだったことがたぶん大きな要因だと思うんですが、特段すごい感激的!ということも残念ながらなく至って普通。でも、平日にのんびりと落ち着いてランチする場としては Holland Village という場所柄から考えてもとってもよいかと思います。

個人的には Da Paolo って Take Away のデリのほうが好きかも。

--------
Da Paolo Ristorante ★★☆☆☆
44 Jalan Merah Saga
#02-46 Chip Bee Gardens
Singapore 278116
[PR]
by umiteii | 2013-03-22 00:04 | + シンガポール・イタリアン

Tai Fatt Hou Cuisine @ Bukit Merah : 元気なオジちゃんが作る、美味な Beef Noodle。

シンガポールのローカルフードは幅広く、本当にいろんな種類の料理が存在します。

アタシ自身はまだまだ全然知らないものも多く、未知の世界のほうが広いのですが、こっちにきて麵のレパートリーとその味の多種多様さにかなり魅了されました。でも、それでもまだまだ試したものはほんの少し・・・まだまだ先は長い。

そんな中で、久々に Beef Noodle を食べたくなって気になっていたお店に行ってみることにしました。Beef Noodle も Stall によっていろんなものがありますが(麵のスタイルもトッピングの牛肉もその味付けも)、今回はバスでも行けそうな近場で。

バスに15分くらい揺られてAlexandra Hawker Village 近くで下車。そこからテクテクムスコとあるく。ここの近くには De Burg もあり、実は前回は遠回りであったことがここで判明(笑)。痛い・・・
e0271868_21454069.jpg

これも経験値が上がったと前向きに解釈でしょうか・・・・アハハ。
ここをまっすぐ進んでいくと、、、、おぉっ!!!!
e0271868_21465168.jpg

なんかすごいたくさんのバイクとか車が並んでいるエリアにきてびっくり。修理工場みたいなのがたくさん並んでいるようだし、Alexandra Hawker Village 辺りは家電製品を扱ってる店がたくさんあるし、なんかおもしろいなぁと思いつつ、さらに歩く。ちょっといくと、これまたシンガポールっぽい建物が目の前に広がる。コンドなのかなぁ・・・・ 日本では考えられない形ですね(笑)。ちょっと前に見たときより、ずいぶん完成に近づいているように見えました。
e0271868_21491036.jpg

んで、目的の場所に到着~ ここ、Bukit Merah Lane 1 の Block#127 です。
e0271868_2150755.jpg

ここの1F が Coffee Shop になっていて、いろんな Stall が入っているのです。
e0271868_21545735.jpg

出入り口には目的の店の宣伝もわかりやすくありました。
e0271868_21512475.jpg

そう、この時に訪れたのは Tai Fatt Hou Cuisine です。そのまま Coffee Shop のなかを進むとありました。
e0271868_21524772.jpg

この黄色い看板の Stall です。お昼時でも早い時間だったからか、まだ人はまばら。ここまで来たんだから早速トライしてみるか!ってことで Stall の前にいくと、とってもにこやかな笑顔が印象的なオバちゃんが迎えてくれて、何にする?と聞いてくれました。メニューは麵メニューをメインにしてこんな感じでいろいろとあります。
e0271868_2154353.jpg

これがうちのシグネチャーよ、どう?と勧められたのは、もともとアタシがトライしようと思っていたもの。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-18 00:05 | + シンガポール・ローカル

Chun Ji @ Stirling Road : 5本箸の雲呑麵が $2.5 で味わえる人気店でちょっと遅めのお昼を。

特に何も前触れもなかったのですが、いろいろ雑用を終えたある日、突然、なんか美味しい麵でも食べたいナァと思い立ち、そこからオリジナルの自分が行っておきたい店リストを眺めてとりあえず出かけることにしました。
Google Map でバスの番号とバス停、行き方をしっかりと押さえていざ出発。51番か64番のバスで目的地にたどり着けることは知っていたので、バス停で先にやってきた51番のバスに飛び乗って目的地へ!
Queensway を走って、すぐに到着。思ったよりも近かった。

降りたのは Blk#166 というバス停。バスを下車すると目の前にはこんな HDB がどーんとたってます。
e0271868_21184687.jpg

なんか植わってる木とかのせいで妙に南国チックなムードが(笑)。ま、南国だけどさ。
でも目指す場所はこことは違う Blk#164の HDB があるほう。Stirling Road の方に向かってムスコとテクテク。
e0271868_21202837.jpg

今日は天気がよくて気持ちいいねぇなんて一人ごちながら歩いてたらついちゃいました。ここの Coffee Shop に目指す Stall はあります。
e0271868_21221973.jpg

ここです、Chun Ji Wanton Mee
e0271868_21242180.jpg

Coffee Shop そのものは横に長くていろんなお店が入ってるんですが、ここのお店は端の隅っこの方でオジちゃんとオバちゃんの2人で切り盛りされている、とっても小さい Stall。でも何気に Makansutra の Wanton Mee のカテゴリで5本箸を獲得しているお店です(2013年版)。しかも Wanton Meeメインで勝負してる店みたい。

事前にすこしネットで予習したところによると、ピーク時には待ちが1時間近くだった、っていう記事なども見つけたり・・・(コレ)。そこまでではなくても「待ちは覚悟で!」っていう文句をどこでも見かけたのでそんなに待つのならちょっと外して遅めに行ってみようと思い立ちついたのは13時半くらい。営業時間が15時までなのでギリというところです。

でもこれを見て、何かに気づきませんか?
わかる方にはピンとくるかもしれませんが、そんなに待つ店なのに待ち行列が見えない。
アタシ(とムスコ)もついてみて、あれ?とちょっと拍子抜け。もしかして場所を間違えたのかしらん。。。と少々不安になったものの、住所も Stall No もあっている。お店の名前もこの中国語表記で正しい。

ま、いっか。とりあえず、食べてみよう。ってことでオバちゃんに Dry の Wanton Mee を一つお願いというと、席で待っててと言われました。

あー、、、納得。

よくよく Makansutra を読み返すと "Expect to queue for 30 minutes for your noodle, partly because the auntie takes her time to dress up the plate before serving." と書いてあり、お店でテキパキ作業する2人を見ていたら、麵や雲呑を茹でたり叉焼とかの具合を見たりなどをオジちゃんが担当していて、オバちゃんは盛り付けなどを主に担当って感じで役割分担がされているようでした。一つ一つじっくりやっていらっしゃって、出来上がったものを席まで運んできてくれるので時間が割とかかるんですね。

そんなこんなで席について、Wanton Mee がくるのをムスコをあやしながら待ちつつ。 Coffee Shop を見てみると結構いろんな店があるんだな。
e0271868_21364420.jpg

この時間でも結構ここのテラス席というかテーブル席はサラリーマンっぽい方々で賑わっていたのが何となく印象的です。
そして、、それほどこれなら待たないかな?と思っていたのだけど、たぶんオーダーしてから15分から20分くらい経ってやっとお待ちかねのブツがやってきました!!

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-14 00:10 | + シンガポール・ローカル

大阪王将 @ Raffles City : 日本の中華をお手軽価格でカジュアルに味わえる店。

今朝、シンガポールに戻ってきました。荷物も少ないし、早朝に到着する便なのでイミグレも軽ーくパス。
いつものようにタクシー乗り場でタクシーを待って、乗りこんでなんと・・・・15分で自宅のコンドについた(笑)。しかも20ドルジャストという金額。いままでアタシ史上、一番安くて早く着いた記録を樹立(爆)。まぁ高速も異常なほど空いてて、おっちゃんも飛ばしてたんで、相当早く着くなぁと思ってたんだけどビックリ。

で、うちについたらついたで、早すぎるので家族は大の字になって寝ている・・・・ため、荷解きとかやって音もたてられないし、こまごまと暗ーく一人作業が一番じゃ、ってことで、こんな隙間時間に過去の記録を残しておこうとこそこそと写真整理。コメントをいただいた皆様、お返事はもうしばしお待ちくださいませ・・・

写真の撮影日時を見たら2012年12月だったのですでに昨年なんですけども・・・(笑)、その当時オープンして間もなかった 大阪王将に行ったことなどを。 Raffles City の地下にあります。
e0271868_8425087.jpg

オープンして時間が経ってないってのもあると思うんだけど、お昼時だったのもあって結構多くの人が待ってました。ローカルの人も多いし、日本人のお客さんも多かったと記憶しています。
e0271868_8435578.jpg

ただ、店内はこんな感じで広いので割と回転は早いかな、と。雰囲気はファミレスと似ている~
シンガポールではあまり日系のレストランとかって行かないのですが、いろんなお店が店舗を出店してるんですね。そして、目をひくのはやっぱりこの餃子のオブジェ?
e0271868_8451577.jpg

ちょっと待ったら席に通していただけたので、まずはメニューを見てみました。
e0271868_846738.jpg

こんな風に自分が食べたいものを紙に書いて手渡してオーダーするというシステムみたい。
e0271868_8464243.jpg

メニューはセットものも多く、メインの(看板の?)餃子を主体にしたものや、中華料理ではメジャーなものを中心にしたものなどいろいろありました。
とりあえず、、、、

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-10 09:13 | + シンガポール・中華

Kay Lee Roast Meat Joint @ Upper Paya Lebar Rd : ローストを求めて遥々ノース方面まで。

先日、ABC Brickworks Food Centre の Fatty Cheong に行ったらしまってた件を書きましたが、玉砕したもののそれからもずっと Roast 系のがっつり飯食べたい!!という熱は冷めやらず。そこでなかなか平日だと遠くて行けないからこのチャンスに!とアタシのエゴで(笑)、週末にオットと(ムスコと)新規開拓。

向かったのは Upper Paya Lebar Road のほう。パスだと50分とか Google さんが教えてくれたので、この日はもうタクシーで行きました。うちからは$10チョイ位だったかな。訪れたのは Kay Lee Roast Meat Joint、Cantonese Roast ではおそらくかなり知られたお店だと思います。
e0271868_944327.jpg

この日は日曜だったんですが、到着したのがお昼時に重なっていたためかなりお客様が詰めかけていらっしゃいました。アタシたち以外ほぼ99パーセントローカルの方たちです。店の外まで行列ができてました。お店自体は奥のほうまであって、テーブル席でがっつりお肉をおかずにご飯を食べていらっしゃる方たちであふれていましたね。

こちらの Roast 系のお店ではおなじみですが、ガラス窓のコーナーには叉焼やローストダック、ローストポークなどの肉たちがたっぷりつりさげられていて、髪の毛の色がとってもカラフルな(笑)オバちゃんがガッツンガッツンと肉をカットしてました。
e0271868_9491240.jpg

待ちQの多くは Take Away のお客様で、一人でいくつも買っていくので(家族の分?)結構待ちました。我が家はその場で食べて帰るつもりだったので何にしようかなーと考えつつメニューをぐるっとみても・・・・・

それらしきものがない(汗)。Σ(゚Д゚;)アラマッ

こんな店にくると、何となくそれっぽい表記のボードみたいなのがかかっているんだけど、、、なんか見当たらずで。自分たちの順番が来るまでに見つけないと・・・・とオットと目を凝らして探してみたんですが、なんかこれかしらん・・・・とちょっと半信半疑な感じの中国語で書かれたものがあったにはあったんですが、中国語には全く造詣がない2人ではまったくわからず。とりあえずこれまでの経験から、Roasted Duck Rice と Char Siew/Roasted Pork Rice を頼んでみました。それから冬瓜入りのスープも一つ。これみて、食べてみたかったの!!

とりあえず、メニューないの?とあたふたするのを避けるために、訪れる前には食べたいもののイメージを伝えられるようにしておくとよいかと思います。

で、オットにオーダーを任せて席に座ってムスコにご飯を食べさせつつ待ってると・・・席からはオバちゃんたちがそれぞれの仕事をしっかりとこなしているのが見えました。
e0271868_100241.jpg

この店ではイートインでテーブルに座るとオバちゃんがやってきて「何人?」と聞いてきます。「2人」と答えると、チリとかを入れる小皿みたいなのとスプーン&フォークの食事セットみたいなものを人数分用意してくれます。その時にご多分に漏れず、「Barleyはいるか?」と聞いてくれます(Barleyは大麦から作られたちょっと甘目のジュースでシンガポールではよく見かけるドリンクの一つです)。まぁいらなかったので「いらないわ~」と言ってそのまま待つ・・・・ ちなみに会計は食べ終わって帰るときにするというシステムです。
お店の中は家族連れの方以外にも一人でさくっと食べて帰って行かれる方も多く、回転が速いようにみえました。
e0271868_105694.jpg

そして待つことほんの少し・・・・ でてきた!!
でも・・・・あれ、、、、

頼んだのは Char Siew/Roasted Pork Rice だったはずが、ローストポークのみが乗っかったご飯が・・・・・ orz
これではまったく意味がないじゃないよぉ~、どうやってオーダーしたのよーー!!とオットに喝を入れたところ、とりあえずそのプレートを持って「これに叉焼をどーんと載せてくれ!!」とお願いしてくれてでてきたのがこれ。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-06 10:26 | + シンガポール・ローカル

しゃぶしゃぶ玄 @ Shaw Centre : サービスも味もGood! 肉にこだわるお店でお値打ちランチ。

先週から、出産間近のお友達であるこげまちゃんとチャットで「いつごろ産まれそう?アタシが日本に戻ってる時にまさか産まれちゃったりしないよね?そうなったらどうしよう・・・」と聞きつつ、もしまだ間に合うならランチ行きたいね!と話していてなんと実現ありがたや~

もちろん出産したら子供さんのお世話もあるし、自分の体力回復にも勤しまないといけないし当分は会えないのでとっても嬉しいけど、でも食べている間に産気づいたらどうしよう・・・なんて心配もしてみたのですが、いざとなったら担いでやるぜ!くらいの勢いでお店を決めていざ参戦。

アタシなんかよりもしっかりとしたリサーチ力と確かな舌を持ったこげまちゃん、この日も素敵なお店をピックアップしてくれていまして、その中で訪れたのが今回お邪魔した しゃぶしゃぶ玄 さんです。
e0271868_0263139.jpg

場所としては Orchard のShaw Centre、寿司の青木とか Bistro du Vin とかの並びにある、しゃぶしゃぶやさんです。
e0271868_027262.jpg

道すがら通りかかると、この外観から「いちげんさん、お断りの敷居の高いお店かも・・・」と思ってしまいそう。とりあえず勇気を出して扉を開けて中にはいると非常に洗練された空気を感じます。なんかこういうのって久しぶりに感じる~(笑)。
この日は、お友達の Yukoさんとこげまちゃんの妊婦仲間でもありすでに3か月のムスコさんのママさんである Rie さんと4人でランチ。店内はインテリアにも凝っていて夜になったらまた違う大人のシックなムードに包まれるのでしょうが、日中もお洒落な雰囲気は満点でした。
e0271868_032999.jpg

皆時間通りに集合し、席について会話しながらメニューからどれにしようか?としょっぱなから話が弾む。
e0271868_033719.jpg

和牛ステーキ丼とかフォアグラ親子丼とかイベリコ豚の生姜焼き丼とか、どれもこれも名前が魅力的すぎるでしょっ!!と突っ込みを一人でいれていたりしましたが(笑)、「ここのカレーが美味しいみたいですーー」とこげまちゃんが言っていたのが呪文のようにアタシの体内でコダマしていたのでそれにしました。こげまちゃんも迷わずカレーで、Yukoさんはフォアグラ親子丼、Rie さんはイベリコ豚の生姜焼き丼をオーダー。
まずは小鉢として切り干し大根の煮物。
e0271868_036650.jpg

こういう小鉢ってなんかちょっとうれしいですよねぇ。お味もしっかりしみてて美味しかった。そしてほどなくするとサラダが来ました。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-05 01:06 | + シンガポール・和食

Jiang-Nan Chun @ Four Seasons Hotel : ブロガー友の会 CNY をローヘイで祝う新年会。

2013年は随分前に明けていますが、Chinese New Year(CNY) はつい最近だったシンガポール。それは祝わないと!ってことで、ブロガー友の会の皆様と魚生でローヘイしながら新年を祝おう会が催されました。向かうは Orchard の Four Seasons Hotel。Orchard Boulevard にあります。
e0271868_21495549.jpg

バスで最寄までいってそこからムスコを連れてテクテク歩く。暑い・・・・見えてきた!
e0271868_21505768.jpg

割と見た目は古めな感じの老舗ホテルですが、中に入ると重厚感が漂ってます。
e0271868_21515362.jpg

今回の会場はここの 2F にある、Jiang-Nan Chun
e0271868_21525954.jpg

11時半のオープン前にたどり着いて、皆と一息。開くのを待ってました。
e0271868_2154384.jpg

オープンしてから中に入ると非常に落ち着いたムードで、大人な感じがムンムンする広東料理のレストランです。
e0271868_2156315.jpg

旧正月のムードも感じられるお店のディスプレイが多数。
e0271868_21574179.jpg

まだオープンしてすぐだったのでお客様はアタシたちのみ。近くの大きなテーブルにはローヘイをすると思われるテーブルセッティングも。
e0271868_21591524.jpg

うーん、ローヘイってどんなものなんだろう??とちょっとしたワクワク感も。・・・・・とはいえ、今回、アタシはローヘイ、人生初だったんですけどね(笑)。

ローヘイというのはそもそも、”撈起”と書く広東語らしいです。「魚生(Yusheng)」(ユーシェン)という刺身が入ったサラダのようなものを「ローヘイ、ローヘイ」と言いながら箸で持ち上げてかき混ぜてたべるとのこと。詳細は、これで今年3回目のローヘイという、ローヘイマスターのアカバネーゼさんのこちらの記事をご覧ください!!

この日は出産超直前というアラコさんはやむなく欠席となってしまったので、総勢大人9人でのローヘイ。人数に合わせてちゃちゃちゃっとバネさんが魚生をオーダーしてくれて、サーブされたのがこちら。
e0271868_2275467.jpg

おぉ、見た目も美しい!!ぱっと見た感じ、お野菜としては大根とか人参、キュウリ、ネギ、レッドパプリカ、コリアンダーなどが千切りになって綺麗に盛られていて、ナッツのようなものがちりばめられていました。
これとは別にサーモンのお刺身や雲呑を揚げたようなクラッカー状のものが小皿にのってました。これを囲んで皆でレストランのスタッフの説明を聞き・・・・
e0271868_22121962.jpg

「これが money を意味するのよ」などと解説されると皆一堂に「おぉっ!!!」と歓声を上げたりしておもしろい(笑)。仕上げにレモンを絞って・・・・
e0271868_22131485.jpg

できあがり。
e0271868_2214953.jpg

さて、、準備万端!戦闘開始!!
e0271868_22144080.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2013-02-22 00:07 | + シンガポール・中華

Shanghai Delights @ Sim Lim Square Food Centre : FC の Stall でお手軽中華をランチに食す。

今日からオットがベトナムに出張。そして今週末はアタシが日本にちょっとだけ帰るということもあり、慌ただしい1週間・・・

ブログも書かないといけないのに、やりたくない宿題のようにネタだけしっかりため込んでいる・・・・ので今のうちに記録しておかなければ。これもずいぶん前に行ったところなので、割と記憶はあやふや・・・・ですが、写真を見直して必死に思い出しております(笑)。行った先は Sim Lim Food Centre の Shanghai Delights というお店。
e0271868_22504959.jpg

これを見て、行きたくなったのです。だって、、、 "Delightful Indeed" ってなんか響きがステキじゃないですか(笑)。この時、なんだか無性に餃子が食べたくなってたんですよね~しかも水餃子じゃなくて、焼き餃子。

実はアタシ、餃子ってちょっと前まであんまり好きじゃなかったんです。餃子より焼売派。皆がよく「餃子食べたい~」という声にあまりしっくりきていない自分がずっといて、餃子は美味しいとは思うけど特に好んで食べるものではありませんでした。ビール好きだけどビールと餃子!っていう組み合わせが美味しい、これはいい!と思うようになったのって、最近のこと。本当にこの年になって餃子って美味しいんだなぁ、と思えるようになりました、なんでだろ?(笑)

とりあえずお昼に Sim Lim に行ってみると、、結構人がいっぱい!この Stall はその中でもかなりの行列をなしてました。結構知られているのでしょうか?

オットとアタシとムスコの3人ですが、ムスコは持ってきた離乳食なので実質大人2人のランチ。メニューはいろんなものがあってなかなかにどれも美味しそうなんですが、とりあえず焼き餃子と小龍包、そして牛肉を煮込んだぶっかけ飯(Stir Fried Beef with riceってやつだと思う)を頼んでみました。そして、一緒にもちろんビールも!!!ホーカーってビール安いからいいですよね。

座るテーブルをお店の人に伝えてあとは待つだけ。出来上がったものを席までもってきてくれます。まずは小龍包。
e0271868_22591141.jpg

8個で確か $6.5 だった気がします。一つ一つも割と大き目で、これをどーんと出されたときには、おぉっ!!と思わず声が出そうになったり。食べてみると、さすがにできたてなのでまた肉汁でやけどしそうになったけど・・・うーん、味はまぁまぁって感じかな。でも、小龍包を看板にしているようなお店とはやはり違うのでそこは心したほうがいいかもしれません。でもこのポーションでこのお値段はアリですね。
そして、、、お次は自分が今か今かと待ち構えていた、焼き餃子!!
e0271868_2333985.jpg

これは8個で確か $5.5という価格。1ドル75円換算でも410円くらいですね・・・・しかも一つの餃子がかなりデカイ。見た目は揚げ餃子のように見えます。
e0271868_2353058.jpg

具も結構詰まっているけれど、アタシが餃子でこだわりたいのは中身以上にやはり皮。こちらのは皮が厚くてぼってりしていて、焼いているというより揚げ焼きみたいな感じだったかも。具が美味しいのに皮がなぁ~!!とちょっとがっくり。先に紹介したブログには "The skin is nice and crisp and the filling is generous and juicy. I felt the filling could do with a bit more ooomph though. " ってかいてあったのでかなり期待してたんだけどなぁ~

でも気を取り直してビールを飲みながら次を待つ(笑)。ごはんものが食べたいけど、チャーハンじゃつまんないよねぇってことでこれを頼んだのですが。
e0271868_2381142.jpg

台湾とかで食べる魯肉飯みたいな煮込んだお肉がざっとかかってるご飯もの、個人的には大好きなんです!!これもそれに似てるかなーって思って、オットと話してオーダーしてみましたが、これは正解。ちょっとお値段忘れてしまったんですがすごく安かったと思います。なのに大人2人でもしっかりと食べられるボリューム、そしてお肉の柔らかさ、ほどよい味付けでした。

全部でたぶん、、、20ドルちょっとくらいかな?大人2人分で、です。かなり満腹でその後はひたすら散歩した記憶が多々あります。。シンガポールにはまだまだいろんなお店があるけど、開拓しきれていないなぁ。

------
Shanghai Delights ★★☆☆☆
Stall 14 Sim Lim Square Food Centre


↓最後までお読みいただきましてありがとうございました。よろしければクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by umiteii | 2013-02-21 00:00 | + シンガポール・中華