タグ:ディナー ( 18 ) タグの人気記事

Sin Huat Seafood Restaurant @ Geylang : 初の Crab Bee Hoon に舌鼓を打つ、家族ディナー。

シンガポールではいろいろなシーフード料理もいただけますが、まだ食べたことがなかったクラブ・ビーフン。どんなものか興味があったものの、それまで未トライでシンガポールを離れる前に家族で行ってみよう!ということになりオットが会社のローカルスタッフのオススメのお店を聞いてきてくれたのでそこに訪問してみました。
場所は Geylang~!
e0271868_1933310.jpg

夜しかやってない店なのでとりあえずオープンの18時半に合わせて向かいました。ここです。
e0271868_1934645.jpg

Sin Huat Seafood Restaurant です。お店はとってもオープンな感じ(笑)。
e0271868_19352052.jpg

予約はいらないけど、早めに行ったほうがいいよ!というアドバイスをいただいたそうなので、それに沿って行ってみたんですが、18時半になってもやってるのかやってないのかわからない、このマッタリ感。
とりあえず席に座るとオバちゃんが取り皿とかお箸とかおしぼりとか持ってきてくれた。あとつまみのピーナツも・・・(まだ酒はオーダーしていないのに(汗))。
e0271868_19381581.jpg

ここの店にはメニューみたいなものはないみたいですが、我が家では食べたいものが決まっていたのでそれらをオーダー。クラブビーフンは2人前お願い、と言ってみました。
その後、店の水槽(いけす?)からそれぞれ素材を取り出して、調理していくさまが外からも見ることができました。ワクワク。
e0271868_19404950.jpg

とりあえず、暑いし、、、ここはやっぱりあれですよ。

ビーーーール!!!!
e0271868_1941276.jpg

わさわさと注いで、おっしゃ、乾杯!!!
e0271868_19415997.jpg

タイガーをうまい~!とぐびっといただきつつ、つまみのピーナツを食べる食べる。結構早めの時間でしたし、シンガポールでは日が落ちるのが遅いので飲み始めたころは割と明るかったのですが、どんどん日が落ちて暗くなっていくのがよくわかりました。なんだかもう当分このムンムンとした熱気ともお別れかぁと思うと少々しんみりしたり(笑)。でもまだこの日はこれからが本番よ!ってことで料理を待つアタシたち。
そして、まずは帆立のお料理が。にんにくと味噌っぽいたれがかかっています。
e0271868_19453346.jpg

お酒に合うつまみになるなぁと思いました。荒くみじん切りされたにんにくがタレ(甘くない)の味わいを深める役割を果たしています。そして何より帆立の身が厚く、フレッシュで美味しい。味は濃いめなのでビールがさらに進みます。
e0271868_1948117.jpg


その後、オットが同僚からオススメされたという、Boiled Prawn with Garlic が登場。
e0271868_19483559.jpg

これでもかとこれもニンニクがたっぷり乗った一品ですが、これはとても美味しい!!
e0271868_19491794.jpg

海老自体がとても大きくてプリプリ。このままにんにくを添えていただいても美味しかったし、添えられているチリ入りのソースをかけても味の変化が楽しめてウマシ。個人的には帆立のやつよりこっちのほうがすき!!!

いやーうまいねーーー、と言いつつ、気づいたらビールも3本目(大瓶)。厨房ではこのオジチャンが、どんどんくるオーダーに奮闘してました。
e0271868_19563964.jpg

そして、結構待ってから(オーダーしてから1時間くらい経ってたかも?)、待ちわびたクラブビーフンが来ました!!どーーーーん!!!
e0271868_19514578.jpg

ビーフーーーン!!
e0271868_19533388.jpg

2人前でこのボリューム。しっかりと量があり、紅い甲羅がさらにプレートのゴージャス感を演出してました。蟹味噌もしっかりあって、身もつまった蟹。そしてそのエキスをたっぷり吸いこんだビーフンがこんもりと。
e0271868_19543126.jpg

蟹の爪も大きくて食べごたえがありました。またそのほかの部分についても身を取り出してほぐし、ビーフンと混ぜて一緒にいただくとこれまたウマシ!!!!

あーーー、幸せ~♡♡
ビーフンについては味付けも程よくてどんどん食べられてしまいます。美味しい。

はっと気づいてから周りをみたら、どのテーブルにも甲羅が載ったクラブビーフンの大きなプレートがあり、みなそれを食べていました。その時にいらっしゃったお客さんはアタシたち以外ローカルの方でしたが、どの方もクラブビーフンとあと一品くらい頼んでいる程度で、メインはやはりこれみたい。蟹はどうしても食べてると無言になるけど、集中しちゃうから仕方ないよね!(笑)

いやー、食べた食べた!!!
e0271868_19593885.jpg

食事の途中ですごいスコールが来たりしていろいろな意味で波乱でしたが、でもここまで足を運んで本当によかったです。お店のオバちゃんもすごく優しくて(この調理してくれてるオジチャンは結構強気でオーダーを迫ってくる(笑))、帰りにタクシーを拾うか?とかいろいろ心配してきいてくれたりしたりしましたよ。

帰りにはすでにどのテーブルも満席になっていて地元の方に愛されているお店なんだなーというのを実感。またここにはきてみたいと思いました。周りはドリアンを売ってる店ばっかりなんですけどね(笑)。

***********
この日は、家族3人でゆっくり夕食をいただいた最後の日となりました。
オットとは大学に進学するために上京してから18のときに知り合い、そこから18年が経過。結婚して今年で12年。てかもうアタシの人生の半分はこの人が一緒なんやね~

うちのオットはアタシとは真逆の人で、いつも温和、アタシが「これ、どうなん!?ありえなくね???」と怒っていても、「まぁまぁ、それはうみのニーズを満たせないもんだったんだねぇ~」とかゆるーく諭してくれて、いろんな意味でアタシという怪獣の扱い方を十二分にわかってる人。

飲みまくって酔いつぶれたときも、仕事で辛くて泣いたときも、アタシが単身でアメリカに赴任した2年の間も、シンガポールと日本のうまいものを食べまくろう!とさまよいまくっていろいろ歩き回ったことも、出産に立ち会ってくれたことも、いろーんなことを一緒に経験してきたなぁとしみじみ思います。

今日みたアンビリーバボーで(久しぶりにみた・・まだやってるんすな)、75歳で高校に入って無事卒業したおじいちゃんを特集していて、奥さんが「大学に行きたかった」といっていたことに触発されて、一念発起し高校に入って卒業までなしあげたというドキュメントを見て、そこで「何歳でも学ぼう思えばどこでも、だれでもできる!!」と言っていたのを目の当たりにして、まさにそうだと思いました。

負けるのは悔しいから、オットが単身で向こうに行ってる間にムスコとともにでっかく成長してやるぜ!
とはいえ、オット、いつもありがとう(酒代がいつも高くついてすみませんね・・・)

------
Sin Huat Seafood Restaurant ★★★★★
659/661 Geylang Road
Junction of Geylang Lor 35
TEl: +65 6744-9755
* こちらのお店は Makansutra の Crab Bee Hoon のカテゴリで6本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-19 00:19 | + シンガポール・ローカル

Oyster Bar & Grill wharf @ Robertson Quay : 川沿いのレストランで牡蠣三昧のディナー。

この間、ひょんなキッカケで、アラコさんから「カキ食べにいきませんか?」とお誘いをいただきまして、お店の場所と存在は知りつつもこれまで行ったことがなかったこともあり、ぜひぜひ!と喜び勇んで行ってまいりました。
お店は Robertson Quay の Quayside にある Oyster Bar & Grill wharf
e0271868_18331851.jpg

こちらの営業はディナータイムのみ。なので、日も落ちていい感じのムードになってくる夕方ごろ、お邪魔しました。お店に伺うと、ディレクターのカキモトさんからこれまた牡蠣のカタチのお名刺まで頂戴しまして、どこまでカキ尽くしなの~!とちょっとテンションがあがる(笑)。
待ち合わせは17時だったのですが少し遅刻しての参上。まだオープンして間もなかったのでお店は比較的空いていたのですが帰るころには牡蠣料理に舌鼓を打つお客様でにぎわっていました。
ご挨拶も終えたところで、ちらりと店内を拝見。
e0271868_1837243.jpg

厨房ではシェフの方々が準備をしっかりと分担されていて、こういうのを間近で見ながらお料理をいただけるのもなんだかいいですよね。で、ふと手前に目線を移すと・・・・
e0271868_18382168.jpg

ぬぉ、、、、こんなに牡蠣が!!牡蠣たちがっ!!!
こんな風に牡蠣がディスプレイされているのも一興でつかんでポケットにいれてしまいたくなるわ(笑)。もちろんテラス席以外にも店内の落ち着いた席もあり。
e0271868_1840531.jpg

シチュエーションによって使い分けられそうな感じだなーと思いました。

そして、席について集まったメンバーと会話しつつ、「お飲物はどうしますか?」と聞かれたので、牡蠣には白ワインかなぁ、いやここはグビっとビールか・・・・と思案してたんですが、こちらのお店はモヒートがなんと100種類くらいあるらしい。
e0271868_18415445.jpg

それならやっぱりモヒートをいただいてみよう!ということで、Dry のモヒートから Mojito Stream ってやつにしてみました。もちろんノンアルコールのモヒートやフレッシュジュースを使ったモヒートなどもあって目移りしますね~
ってことで、とりあえず乾杯!!いろんな色で傘とかがのっかってるのとかもなんか可愛い。
e0271868_18461139.jpg

* ちなみにこれらは全部モヒートです。フルーツのもあり、ノンアルコールのもあり・・・・

アタシがお願いしたモヒートもちょうどよいアルコールの濃さと甘さ(辛さ)で美味しかったです。そして、ドリンクのおつまみがまずはサーブされて。
e0271868_1849489.jpg

これ、名前を聞き逃してしまったのですがすごくお酒と合う一品。さくっとしたチップスにこのトッピングを載せていただくとどこまででも食べられそう。その合間にも次々といろんなお皿がサーブされます。このトマトのサラダもドレッシングがいい感じだった。ちょっぴりハーブの香りも感じられるところがさわやかさを演出しててグー。
e0271868_18514488.jpg

その後、メインの牡蠣がどどーんと登場。生牡蠣!!
e0271868_18505045.jpg

こんな風に氷がいっぱい敷き詰められた入れ物に牡蠣が鎮座していました。この日いただいたのは、オーストラリア産・フランス産・アメリカ産の3つの産地のもの。牡蠣と一緒にレモンソルト、トリュフオイル、カットしたレモンが添えられていました。
e0271868_1854783.jpg

そのままレモンを絞ってシンプルにいただくと、牡蠣のフレッシュさがダイレクトに伝わってきて美味しい!さらに別の牡蠣ではレモンソルトやトリュフオイルをかけていただいてみましたが、こうするとまた違う味わいを感じられて、こんな食べ方があるのかーと無知な自分はプチ衝撃を受けました(笑)。

牡蠣は生牡蠣だけではありません。こんなものも。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-16 00:00 | + シンガポール・その他食べ物

Enoteca L' Operetta @ Boat Quay : 川沿いのおなじみイタリアンにて家族ディナー。

10月も後半にさしかかり、もうちょっとしたらもう11月。
今月に入ってうちのオットは二度目の出張のため今日からジャカルタへ。アタシとオットは就いている仕事の職種もまるで違い、性格も正反対、顔のテイストも全然違うし、ぱっと見た感じまったく共通点がなさそうなのですが、唯一似ているのは食べ物の趣味とお出かけ(旅行も含めて)好きということ。
2人であれこれ情報収集してはあーだこーだと言い合うのが楽しみの一つとなっており、すごい遠いところでも「何かいいものがあるかもしれん!」と面倒臭がらずに一緒に行ってくれたりするので、それはそれで嬉しかったりします。

そんなオットが会社の飲み会で使ったというレストランに、アタシ自身は今まで通りすがるだけで入ったことがなかったので、今回平日の夜にオットの仕事が終わったあとお邪魔してみました。Boat Quay にある Enoteca L' Operetta
e0271868_11221164.jpg

周りの知り合いの方々からよく話は聞いており、在星の皆様にはなじみ深い店とのことですが、今回アタシは初訪問。なんかBoat Quay ってうちからみると Clarke Quay より向こう側にあるので中々足が伸びず・・・でして。
お店の前で待ち合わせね、と約束しその日はバスでムスコとのんびりとむかいました。
e0271868_11213724.jpg

お店はシンガポールリバーに面しているので河の向こうの夜景も綺麗。サンズも見えるしね。
オットがやる気を見せてなのか、遅れたら怒られると思ったのか(笑)ダッシュでやってきたので、そのまま3人で店内へ。
e0271868_1125193.jpg

白が基調のさわやかでモダンな雰囲気。ムスコもいたので奥のほうの静かな席に案内していただきました。
e0271868_11255038.jpg

ちょうど Restaurant Week の期間だったのでメニューは期間限定の固定メニュー。メインは魚か肉をチョイスできます。まずは・・・・やっぱこれ。スプマンテ。ウマイ。
e0271868_11281379.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2012-10-17 12:01 | + シンガポール・イタリアン

no menu @ Boon Tat Street : ちょっと行ってみたかったイタリアンレストランに初トライ。

9月末のバタバタの最中、帰ってきたオットがひとこと、

「あのさー、週末に no menu の予約取れたんだけど・・・・(*´ω`*)エヘッ」

と得意げに話してくれました。

何気に9月末は結婚記念日ならぬ、結婚式を挙げた記念日だったワレら。
おー、、そういえば行ってみたいといいつつ、まだ行けてなかったなぁとオットのご好意に甘え、行ってみました。イタリアンレストランの no menu。すごくカジュアル!って感じではないのですが、フォーマルすぎるということもなく。肩肘張らずにお料理を楽しめそうなレストランです。
e0271868_22151340.jpg

場所は Boon Tat Street 沿い。Raffles Place の駅から近し。
e0271868_22155481.jpg

オットは何度も電話したけど全然つながらなかったらしく、でもその後ちゃんとお店の人からコールバックがあったそうで。そういうのってなんだか嬉しいですよね。お店のスタンスとして。
予約自体は以前は取りづらいと聞いていたりもしたのですが、案外そうでもないようです。

こちらは以前は Tanjong Pagar にあった Osvaldoのシェフが独立して、家族経営で切り盛りしていると聞いていたイタリアンレストラン。しかし、その当の Osvaldo氏はもうおらず?ちょっとそのあたりは不明・・・

小道の中にひっそりと佇むレストランでしたが、夜のディナータイムにお邪魔しました。店内はちょうどいい感じで薄暗く、こじんまりとしています。入店時間は19時だったのですが、ちらほらお客様が夕食を楽しまれていました。
e0271868_22192926.jpg

オーダーはすべてアラカルトとのことでメニューとまずはにらめっこ。スターターとパスタ、メインの料理をまずはオーダーすることとして、最初に久々、プロセッコで乾杯。うまいっ!
e0271868_22215389.jpg

そしてこのお通しとしてだされたブルスケッタ。これがまた後を引くのです。オットの分も横取りしたくなりました。
e0271868_22244167.jpg

最初に出てきたのは Starter でお店の方のオススメである Buratta チーズとパルマハムの盛り合わせ。一人分ずつサーブしてくれました。
e0271868_22234210.jpg

Buratta チーズは本当にフレッシュで中はとってもクリーミー。オットは以前にも食べたことがあるのに

「いやーー、こんなウマイものは食べたことがないなっ! (っ´∀`c)キュン」

と勝手に盛り上がる始末・・・ っていうかほかのもの食べても同じこといってるやん(怒)。

しかしながら、添えられているパルマハムも程よい塩分でお酒がこれまた進みます。また前菜としてもう一品オーダーしたのはこれまたお店の人のオススメだった、Tuna のカルパッチョ。
e0271868_22303191.jpg

んーーー、これははっきり言うと普通。。。カルパッチョならマグロの刺身をどーんといただきたいアタシなので、特に大きな感動もなく。2人で黙々と食す・・・・

ちなみに、この写真の奥にひっそりとでているパン。これがめっちゃ美味しかったです。このお店の中で印象が強く残った一つでもあります。

厨房に近い席だったのですが、こんな感じで鍋がデコレーションされているのもかわいらしい。
e0271868_2243381.jpg

お店の中は時間が経つにつれてどんどんと来訪するお客様が増え、厨房もホールもスタッフが一生懸命な様子が伝わってきてました。ホールスタッフは非常に感じがよく、いつも笑顔が絶えないのがGood。
こまめにワインやお水を注ぎにきてくれたり、大丈夫?と声をかけてきてくれたりとそういった配慮も非常に好感がもてました。

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-06 00:01 | + シンガポール・イタリアン

Palm Beach @ One Fullerton : MBS のレーザーショーを楽しみながら、川べりで海鮮料理をいただく。

9月も気づいたらもう終わり・・に近づいていますね。
個人的には最近は嬉しい出会いがたくさんあり、それらについてもじっくり書きたいのですが、宿題のように残った写真の整理が進んでいないのでまずはそちらから。

先週は我が家は来星するゲストのラッシュで初めてシンガポールに来る人も多く、その方々の多くは「何が食べたい?」の問いに口をそろえて「海鮮!!!シーフード!!!」とおっしゃるので、その期待に応えるべく(いや・・・日頃食べられないのをこのチャンスに乗っかったというべきか・・・・(笑))、この日も海鮮いただきにやってまいりました。場所は、One Fullerton にある Palm Beach(←クリックすると軽快なミュージックが奏でられますので注意)。
e0271868_21575641.jpg

お店の外観はこんな感じで18時台でも結構お客さんがいらっしゃいました。
e0271868_220377.jpg

久々にやってきた One Fullerton ですがこのあたりは整備されてて綺麗ですねぇ~
e0271868_21583463.jpg

マーライオンさんも綺麗になって、変わらず水をはいておりました。
e0271868_2159694.jpg

ムスコを抱っこして、待ち合わせ時間よりちょっぴり早く着いたのでそのあたりをテロテロと散歩。川縁なのでなんとなく開放感も手伝って気持ちいい。・・・・・・と待ち合わせしたメンバーと合流したので店内へ。とっても綺麗で落ち着いてます。
e0271868_2213748.jpg

今回は大人6人と子供1人だったので円卓もいい感じ。
e0271868_2254880.jpg

何が食べたいかゲストの方々に吟味していただき、それらをオーダー。みな Tiger で乾杯しつつ、アタシはライムジュースを・・・・
このライムジュース、フレッシュでとても美味しかったです。オススメ。お通しのこのきゅうりのやつ(名前なにかわからず・・・)も美味い。でも中にパイナップルがなぜか入ってたんだけど・・・・それは個人的にはいらんがなーー!という感じ。

More
[PR]
by umiteii | 2012-09-27 19:32 | + シンガポール・その他食べ物

No Signboard Seafood @ Esplanade : 夜景も楽しめるスポットでたまには蟹料理とか。

9月は30日が中秋節。シンガポールもそんなシーズンにのっかり Mid-autumn Festival って感じでどこもかしこも華やいでますが、我が家は突如ゲストの来星ラッシュ。てんやわんやですがそれでもわざわざ会いに来てくれるというのは本当にうれしいことですね!どうもこんばんは。

そんな来客多しこの時期に行ってまいりましたよー、No Signboard Seafood。 こちらのお店は数年前にシンガポールにプライベートで旅行に来た時にいったきり久しぶり、 蟹、食べいこう~♪ を実地で(笑)。
e0271868_22454397.jpg

Esplanade あたりは21日から始まるシンガポールGPのコースが近いのでいまは絶賛設営中ですがマーライオンも工事中から解禁になってあのあたりは盛り上がってますね。夜景も相変わらず綺麗。
義理の両親が来てくれていたので夕飯を一緒に食べようということになりまして、オットと待ち合わせし、ムスコとともに来店。
e0271868_2324346.jpg

金曜ということもあってほぼ満席状態。人の多さにびっくりしました。
大人4人に子供1人の我がテーブルだったのですが、ゲストもいることだしということで Singapore Signature のシーフード料理筆頭、Chilli Crab を久々にいただきました~!どーーーーん。
e0271868_2382045.jpg

饅頭の大きさからわかるかもですが、すっごいでかかった・・・・ チリソースに浮かぶクラブくん。殻はオマケの飾りではあるもののその下にはかなりぶっとい足が何本も隠れていて相当のボリュームでした。
でっかい皿を前にぼーっとするアタシたちをしり目にお店の方がさくさくと作業開始。
e0271868_23212716.jpg

いやー、身もおいしいけどソースを饅頭につけて食べるのは、フレンチのメイン料理のソースをパンにつけて食べるのと同じくらいうまい。

そして、それを食べられないけど持参した離乳食の米粒を付けて、かなり満足げなうちのムスコさん・・・

More
[PR]
by umiteii | 2012-09-17 00:05 | + シンガポール・その他食べ物

麗都飯店 Lee Do Restaurant @ Ubi Avenue : 初めての Cold Crab をシンガにてじっくり味わう。

ちょっと夏休みで遠出していたため、ブログの更新が滞ってしまいました。久々に PC の前に向かっているのですがなんだか頭はまだぼーっとしている感じかも・・・・ いやはや、どうもこんにちは。

写真の整理をしていたところ、休み前に訪れたお店やレストランについてまだアップできていないものがいくつかありましたので、それらを思い出しながらあの時の味をかみしめてみようかな・・・(なんて貧乏くさい (笑))

まずは先日、日本から学生時代の友人がシンガポールに旅行で来てくれたときに一緒に夕食をとったお店から。訪れたお店は 麗都飯店 Lee Do Restaurant
e0271868_012129.jpg

こちらは日本ではあまりお目にかかれない Cold Crab をいただけるお店として有名だそうで、チリクラブやペッパークラブはあまりになじみが多すぎてつまらないかということで今回のチョイスはここに。こちらにきてこの地域は初めて行ったのですが、案外遠くて驚いた(爆)。お店の外観は至って普通。
e0271868_0124364.jpg

平日の20時ごろお邪魔したのですが、なんと人っ子一人おらず。ほぼ貸切状態でした。 (*´ω`*) 予約して行ったのに・・・ イジイジ。
e0271868_0162487.jpg


一応 Reserved と札がおいてある席に案内されたのでそこに着席。
e0271868_018157.jpg

友人は MBS に宿泊していたので、オットが勤務先からいっしょに Pick Up してくるとのことで、アタシはムスコと2人タッグで来店。少し遅れるとのことだったのでアタシとムスコはポツンとまちーな状態だったのですが、その感もお店の人による至れり尽くせりのサービスが(笑)。飲み物の提供はもちろん、ムスコをあやしてくれたり、おしぼりは何度もくれたりといろいろとしてくれてまだオーダーもしてないからスゴイ気が引けてしまいました。
手持無沙汰なのでメニューを見てみると日本語での説明も併記されていて、おそらく日本人のお客さんも多く訪れるんだろうなーと想像。でもその時はお客はアタシとムスコだけだったんですが・・・ははは。
その中で一つ面白いメニューを発見。それがこちら。その名も・・・・

More
[PR]
by umiteii | 2012-08-26 11:48 | + シンガポール・その他食べ物

2D1N Soju Bang Korean Restaurant @ Tanjong Pagar : シンガで初めての韓国料理、初見参。

おはようございます。シンガは今日、今すっごい土砂降りに見舞われております・・・ とほほ。暗雲立ち込めたかと思いきやすごいざーーーーーーーーーーーーーっと大雨。晴れてきてほしいなぁ。金曜だし。

さて。気になっていつつもまだ未踏だった韓国料理のお店に先日行ってみました。Tanjong Pagar にある 2D1N Soju Bang Korean Restaurant
e0271868_23025.jpg

2D1N ってなんだろって表ったら 2 Days 1 Night の略らしい・・・ 一泊二日ってこと?
e0271868_265947.jpg

本当はランチタイムに潜り込みたかったのですが、週末だとランチの時間はやっていないので、夜の夕飯時間帯にお邪魔。お店の外観はこんな感じでショップハウスの1階にあります。
e0271868_25457.jpg

手前の Duxton Hill の標識のところを右に行けば、いろんなお店がまたあってこの辺りは食べるところには事欠かないエリア。とりあえず中に入ってみると至って普通の店内(笑)。
e0271868_264090.jpg

夜なので焼肉をジュージューしてる方々が多くいらっしゃって結構混み合っていました。ちょうど帰る方がいて入れ違いになったタイミングでの入店だったので少し待つだけでテーブルに案内してもらうことができました。
個室みたいなところにテーブル席が2つあるので割と落ち着いた感じ。ちょっと時間軸的には逆になっていまいますが、席の様子はこんな感じ(っていうか食べ終わった後の様子が先にくるの変ですね、、すいません)。
e0271868_2112180.jpg

焼肉を食べるというよりは韓国料理のアラカルトを食べたい気分だったので適当に一品料理をオーダー。すると、こんな感じでサービスのおつまみならぬおかずがでてきます。これだけでもかなりの量。
e0271868_2102172.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2012-08-17 12:10 | + シンガポール・その他食べ物

Diandin Leluk @ Golden Mile Cplx : 文句なしの CP! シンガのリトル・タイにてタイ料理を楽しむ。

おはようございます。
今日も快晴のシンガポール、暑くてもやはり天気はすっきり晴れて青いほうがいいですね。

さて、ちょっと前のことになってしまいますが、とある週末に、これまで行ってみたいと思いつつ行っていなかった GMC こと、Golden Mile Complex を訪問!ここはもうシンガポールではリトル・タイと言われるほど。タイの食材や雑貨などはもちろん、レストランも入っていて、看板の文字とかもタイ語の表記ばかり・・・ ショッピングモールに足を踏み入れるとそこはもう、異国の地。Σ(・ω・ノ)ノ!
* なんかディスコとかクラブみたいなのもたくさん入ってました・・・

オットはこちらに来てからサテ以外にずっと食べたいとうるさく言うものの一つが、タイ料理。でもこっちでアタシが食べたタイ料理ってイマイチぱっとしないものばかりで、うーん、どうしたものか・・・・と思っていたのですが、よくよく考えてみると GMC があるじゃん!ってことでバスに揺られて向かったのでした。

今回行ってみたのは Diandin Leluk。こんな感じのお店でなんか席数が非常に多いお店です。これはお店の外の様子。
e0271868_23142570.jpg

中はこんな感じで、国籍はさまざまだけど、日本人らしき人は皆無。GMC って長距離バスのターミナルもあるので大きなトランクを持ってここで出発前の腹ごしらえをしている人も多く見かけました。
e0271868_2315954.jpg

さて席に通されてメニューを開き何にしようかまたもや吟味ターイム。
e0271868_23184549.jpg

食べたいものを片っ端から頼んでしまえ!ということでオーダーしたものはこんな感じで。まずはドリンク。今回は水ではなくジュースにしてみました。オットはライチジュース、アタシはライムジュース。
e0271868_23203288.jpg

ちなみに手前がライチジュースなんですが、これライチの実が2つ入ってて見た目からして可愛くて美味しそう。ヒゲモジャなオットのような男性が飲むのはちょっと絵にならない。。。 しかもこれアタシのライムジュースより美味しかった・・・・ orz
アタシのライムジュースは・・・・はっきり言って失敗。甘すぎる!!!しかしそこで負けを認めたくないので、あえて我慢・・・・。はい、ジュースはいいから、次。

More
[PR]
by umiteii | 2012-08-14 13:11 | + シンガポール・その他食べ物

麻婆豆腐小厨 @ Beach Road : 美味しい四川料理をリーズナブルにいただけるローカルレストラン。

いやー、なでしこジャパン、素晴らしい・・・ 史上初のメダル確定、そして決勝は因縁のアメリカとの対戦。これはもう見逃せないですよね~!!!毎日オリンピックの熱戦から目が離せないのですが、オットのいびきとムスコのローリングアタックのおかげでまったく眠ることができず、目が相変わらず血走り気味です(笑)。おはようございます。

さてさて、、 話は変わりまして、アタシの大好物の一つには麻婆豆腐があるのですが、こちらでいろんなお店で食べ比べてみるとそれぞれに味が違っていてとてもおもしろいなーと感じます。山椒がきいているもの、胡椒がきいているもの、唐辛子がきいているもの、割とマイルドな甘さのもの、などなどバリエーションも豊か。
で、普通に生活していると突然すごーーーく麻婆豆腐を食べたくなる病にかかります。さっきまでは全然欲しなかったのに突然麻婆豆腐しか見えなくなるの(笑)。
そんな感じで、この間もまたこの病にやられたので早速新規開拓してきました。場所は Beach Road 沿い、Bugis からは少し離れていますがそれでも歩けないことはない。Nicolle Highway のほうが若干駅としては近いかもしれません。 The Concourse という建物の向かい側です。お店の名前は、麻婆豆腐小厨 Mapo Doufu Restaurant
っていうかそのままやん!!!
e0271868_231369.jpg

お店の外観はこんな感じ。ちょっとシャビーかしらん?(笑)
e0271868_23111480.jpg

どうやら麻婆豆腐以外にこちら火鍋も売りの店のようでして、お店の中に入るとどのテーブルも火鍋をつついているグループばかり。ちなみにお店の中はこんな感じでして、ふつーの定食やみたいな感じです。
e0271868_23153223.jpg

奥のほうにもテーブル席があります。
e0271868_23164399.jpg

本当に飾り気のない、非常にカジュアルなお店ですがスタッフのおばちゃんの対応は親切で優しいのでそこがいい!飲み物は何がいい?と聞かれたので「そんなの決まってんでしょ!ビール!」といいたいのを抑え、中国茶をポットで。
e0271868_2322429.jpg

とりあえずメニューを開いてどれにしようか思案することしかり。
e0271868_23202619.jpg

オットと協議の結果決めたのはこんな感じのメニュー。

More
[PR]
by umiteii | 2012-08-07 11:13 | + シンガポール・中華