タグ:おやつ ( 58 ) タグの人気記事

Soyako Bean Curd @ Bukit Timah Food Centre : 食後のデザートに温かい豆花とピーナッツスープを。

小龍包と餃子で心も胃も満たされた後、この周辺をいろいろ歩いて回りたかったのですが、あいにくの雨。最近のシンガポールは結構な頻度で雨が降っていてそれも雨季か?と思うくらい激しいのが結構来ます。

この日はそんな土砂降りには見舞われなかったものの、小雨はぱらついていたので近場をふらつくかー、とオットと会話し、近くにあるらしい Bukit Timah Food Centre に立ち寄ってみることにしました。
e0271868_2184624.jpg

想像以上に結構大き目な FC で、リフトも大きくて新しそうに見えました。2Fに登っていろいろと見て回るワレら家族。ここには Chicken Rice のカテゴリで Makansutra でも4本箸を獲得している Seng Heng Chicken Rice とかもありました。トライしたかったんですが、あいにく営業時間の15時を過ぎていたので断念。ちょっと食後に甘いものでも食べてひとやすみしようかってことになり、大豆デザートをウリにしている感じの Stall に立ち寄ってみることにしました。Soyako Bean Curd です。
e0271868_21131178.jpg

元気そうなオバちゃん2人がせっせと調理、顧客対応をしておられました。何にしようかなぁと看板を見ながら、アレとアレにしよう!と決めたのがこちら。まずは、Bean Curd with Gingko Nut。
e0271868_21142476.jpg

多すぎないちょうどいい感じのサイズのボールに温かい豆花と銀杏、シロップがかかっています。見た目もなめらかそう。一口レンゲですくってみると柔らかく、口に入れるとこれまたスムース。シロップも甘すぎることなく、温かい豆花と銀杏の食感が対照的で美味しかったです。

そして、もう一つが、Peanut Soup with Rice Ball。
e0271868_21213342.jpg

こんな感じの丸い団子が入っています。今回初めて Peanut Soup ってトライしてみたんですが、ピーナッツの甘い御汁粉みたいな感じです。ピーナッツの香ばしさとほんのりした甘さが伝わってくる温かいデザート。とっても甘いかな?と思っていたんですが想像以上に甘さは感じず美味しかった。しかもこの団子が中に黒ゴマとかピーナッツとかいろいろフィリングが違っててそれも楽しい。
e0271868_21235740.jpg

これは黒ゴマのヤツですが、オットは団子の中身が全部違うとは思っていなかったようで、いただき!と一つ食べてアタシに「オイ!!!」と怒られていました(笑)。
どちらもお値段は$2 弱くらいだったかな。こういうローカルデザートもいろいろあってお店によっても違うし楽しいですね~

その後、新たなる Stall を発見して起こった出来事についてはまた次の記事で。

-----
Soyako Bean Curd ★★★☆☆
116 Upper Bukit Timah Road #02-166
Bukit Timah Food Centre
[PR]
by umiteii | 2013-04-08 00:02 | + シンガポール・スイーツ

Tan’s Tu Tu Coconut Cake @ Havelock Road : 菊の形が可愛く、味も美味しい素朴なローカルスイーツ。

こちらに来てから、Kueh Tu Tu というローカルスイーツの存在は知っていて、かつ作っているところも何度も見たことがあったのですが、実際に食べたことがありませんでした。

そんな時、以前ケーキ教室で楽しい時間をすごさせていただいた藤川先生が連載されている Elle a Table の記事を拝見しまして(記事はこちら)、これはやはり一度食べておきたい!と思い立ち、何気にうちの近くにありそうだったので行ってみることにしました。ターゲットは Tan’s Tu Tu Coconut Cake。Clementi にもあるようですが、アタシが言ったのは Havelock Road 沿いにある HDB 内の FC にある小さなストールです。
e0271868_15462877.jpg

こんな感じののどかな場所に到着して、ここの中のほうに入っていきます。
e0271868_15471169.jpg

目的のお店はこの 22B というブロックの中にありました。
e0271868_15484689.jpg

ここ!!この日も続々とお客さんが切れ間なく来店して一人で何十個も買っていくひとも見かけました。ひゃ~
e0271868_1553529.jpg

赤い看板が目印。
e0271868_1551648.jpg

Stall の中ではオバチャンがどんどんと Kueh Tu Tu を作っていました。菊花の型に米粉を詰めて、ピーナッツやココナッツの餡を入れて蒸しあげたとってもシンプルなお菓子。
e0271868_15562055.jpg

ここでは5個で $3 だったので、ピーナッツ餡のを2つ、ココナッツ餡のを3つくださいと言ったら、袋にいれて手渡してくれました。おっしゃ、買ったどーーー!
e0271868_15571396.jpg

せっかくなので帰り道につまみ食いをしながら帰ることにしました。

More
[PR]
by umiteii | 2013-04-06 00:34 | + シンガポール・スイーツ

Home-Make Pau Specialist @ Cassia Crescent : Coffee Pau をはじめとする美味な Bao を食べられる店。

昔から豚まんとか叉焼が入ったパイとか饅頭とか、大好きなアタシ。なのでシンガポールに来てからいろんなところで手軽に Bao をいただけるのがとても嬉しいことだと思っていました。ちょっとお腹が空いた時、おやつに一口食べたい時、時間がないからぱぱっと食べたい時、いろんなシチュエーションがあるかと思いますが、安価でお手頃な Bao は頼もしい存在です。

実はこの間書いた、Tanjong Rhu Pau & Confectionery の近くにも気になるところがあったのでこちらの方に来るタイミングが合った時に狙いを定めていってみました。Cassia Crescent にある Home-Make Pau Specialist というところです。こんな風に、Yahoo Singapore の News にも特集が載っていました。場所的には、Old Airport Road Food Centre の後ろ側といえばいいでしょうか。Old Airport Road を背にして歩き、Cassia Crescent という小道までいきます。
e0271868_9393181.jpg

シンガポールの HDB の名前は XXX Crescent という名前のところが割と多く、この名前が道になってることも多いです。この青いヒサシがついてるところが目的の Coffee Shop。建物の外観はこんな感じ。Blk#24 です。
e0271868_9411080.jpg

ベビーカーを押して歩いていくと、目的の Stall はすぐに見つかりました。ここ!!
e0271868_9424694.jpg

とってもやさしい笑顔のご主人が出迎えてくれました。ひたすら中で仕込みやBaoを作成中。
e0271868_943279.jpg

メニューはこんな感じ。
e0271868_9445080.jpg

Tanjong Rhu Pau & Confectionery などよりはバラエティに富んでいるということはなく、逆に言えば少な目です。ここではまず、Makansutra にも書かれていた Coffee Pau を食べてみたいと思っていました。先ほどの記事にも、

"His mini coffee baos was a delight. It was oozing with dark brown coffee-laced sweet lian rong paste and very smooth and soft, not lumpy like some. You just need a cup of kopi o kosong (black unsweetened coffee) to go with it.”

と評されていたCoffee Pau が気になってて仕方なかったんです。
とりあえずちょうどいい休憩タイムだったのでそれをここで食べて帰ろうと思い、オット用にもう一つ、そしてそのほかに、 Meat Pau, Char Siew Pau, Bean Paste Pau をそれぞれ2つずつと Siew Mai を4つ買うことにしました。

おぉ、ホカホカ Bao たちがたくさんいる~
e0271868_95142100.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2013-04-05 00:28 | + シンガポール・ローカル

Tanjong Rhu Pau & Confectionery : Guillemard Road : イーストエリアの隠れた Bao の名店。

イーストエリアで行ってみたいお店がまだまだたくさんあるのですが、その中の一つ、Tanjong Rhu Pau & Confectionery に今回行ってみることにしました。
うちの近所からバスは16番に乗って数十分揺られて、Old Airport FC をちょっと通りすぎるところで下車。ここから一本奥に入った大通りを目指します。とりあえずバスはおりて、ムスコをベビーカーに乗せて、歩く。
e0271868_23411463.jpg

この Cassia Crescent を通り過ぎると目の前は Guillemard Road です。この道沿いです。
e0271868_2342049.jpg

ここをちょっと歩くと目的のお店が見えます。これ!
e0271868_23424420.jpg

他にも店舗がありますが営業時間が長そうだったのでこちらに来てみました。Makansutra にもここの店舗が一番知られてるのではと書かれていました。アタシが訪問したときにも車で乗り付けて買っていかれるお客さんが非常に多かった!
e0271868_23441869.jpg

お店は間口が広くてBao 以外にも店名にある通りお菓子系のものも販売しています。
e0271868_2345172.jpg

ここのお店おオジチャンがとっても親切な方々でして、ムスコと一緒のアタシにも気さくに声をかけてくれました。どれにしよう・・・とメニューをガン見する母。
e0271868_23464911.jpg

アタシがどれにしようと血眼になってる間にもどんどんお客さんが来店されていて、地元に密着した人気店であることがうかがえました。
とりあえず、、、ウマイ豚まん食べたい!!!と思ってみてるとこんな感じでたくさんの美味しいBaoがどんどん売られていきます。
e0271868_23485656.jpg

間近でみても・・・・

More
[PR]
by umiteii | 2013-04-02 13:37 | + シンガポール・ローカル

Tom's Palette Ice Cream @ Shaw Tower : 久しぶりに出逢った、イチオシのアイスクリーム屋さん。

最近のシンガポールは突然スコールぽい大雨が降ったりして何気に天気が読みにくい日が続いているのですが、相変わらず暑いのは変わりありません。
でも出かけられるときには、ムスコと一緒に気分転換がてら散歩をテクテク。用事を済ませた後に、Bugis から降りてBeach Road 沿いを歩いて、City Hall 辺りまで行ってみようと思いました。んで、Beach Road!!!
e0271868_18222337.jpg

向こう側に Suntec City が見える・・・・もう Nicoll Highway もすぐそこですね。ここから Beach Road をまっすぐ歩く。
e0271868_2204594.jpg

これをちょっと行くと、Shaw Tower があります。こんな建物です。
e0271868_18261638.jpg

はっきり言ってあまり新しくもなく、結構古めなビル。そういえばここに行ってみたかった店があったはず・・・と時間もあることだし、寄ってみようかと思って、ムスコと一緒に入ってみました。初めて来たのでよくわからず、ストール番号だけはメモってあったので、それを頼りにぐるぐる回ることしかり・・・・あ、あった!この店!!!
e0271868_18271748.jpg

そう、Tom's Palette というアイスクリーム屋さんです。HungryGoWhere で驚異の 94% のRating だったのと、コレみてて気になってたんです。
e0271868_18291163.jpg

ちょうど15時近くだったのですがお客さんはひっきりなしに来ている感じ。テイクアウトしていかれる方も多かった。店内は席数は割とあったり。
e0271868_18403266.jpg

よっしゃ、席を確保~!
e0271868_18514229.jpg

ここのお店、ちょっと面白くて、テーブルにお客様からのメッセージとか写真がデコられていてちょっとしたデザインに仕上がってるんです。中々面白いアイデアですよね。
e0271868_18314383.jpg

で、とりあえずストローラーを置いて、荷物だけもって何にしようかなーとショーケースを見て。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-23 00:15 | + シンガポール・スイーツ

Patisserie G @ Millenia Walk : 意外なところで見つけた、スタイリッシュで美味しいケーキ屋さん。

先日、Millenia Walk のほうにいくことがあり、用事を済ませたあと中をぶらぶらしたときに初めて見かけたお店の前を通りかかりまして。ちょっと気になったので入ってみることにしました。というのも、看板に Liberty Coffee のマークを発見したから。
e0271868_2132942.jpg

コーヒーに力を入れているパティスリー&カフェなら何となくスイーツも期待できるんじゃないかしらという淡い期待を持って。お店の名前は Patisserie G
e0271868_21333946.jpg

お店の外観は非常にシンプル。
e0271868_21342972.jpg

中に入ると手前側がイートインスペースになっていて、お茶とお菓子を楽しんでおられるお客様で賑わっていました。奥のほうにはカウンターの席もあったり。
e0271868_21352667.jpg

まず店内に入ると目に入るのはショーケースのケーキたち。生菓子のケーキもあれば色とりどりのマカロンや焼き菓子も多数そろっていました。
e0271868_21372249.jpg

ケーキの一部はイートインオンリーでしか食べられないものもあったりします。どうせなら食べて休憩してから帰ろうと思っていたのでちょうどいいや、ってことでどのケーキにしようかショーケース前でウンウンと悩むアタし(とムスコ)。
マカロンも陳列からしてとっても綺麗。
e0271868_21392340.jpg

しかも両面で違う色のものもあったりしてなんか嗜好が面白い。
e0271868_214255100.jpg

マカロンは気になっていた Yuzu & Raspberry という黄色とピンクが可愛いものをチョイス。そして、ケーキは「これとこれがうちのオススメだよ」とお姉さんが教えてくれたケーキの一つ、サントノーレにしました。それとカプチーノを一つオーダーして席で待つことに。
ムスコはお店のスタッフの人が優しくあやしてくださったので非常に上機嫌でした。
そしてちょっと待つと来ました!

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-21 00:00 | + シンガポール・スイーツ

Udders Ice Cream @ Siglap : 冷たいアイスをいただきながら家族で週末散歩。

いろいろとバタバタしていますが、とりあえず慌ただしい3月。もう何気に中旬なんですね。

3.11 は自宅で静かに読書とか調べ物などをしたりしてムスコと静かに過ごしていました。
思えばあの日は、会社にいて29Fのオフィスが相当グラングランと揺れたのを覚えています。お台場方面を見ると、テレコムセンターあたりで煙がモクモクとあがっているのも目にしました。想像もしていないことの連続に皆驚き、不安になり、どうしていいのかわからないっていうのが正直な状況。実際船酔いみたいな感覚にも襲われたし、当日はそこから自宅まで 246 に沿って4時間くらいかけて歩いて帰ったっけ。

その後もいろんな混乱があって、アタシ自身もちょうど妊娠初期であったのもあって、いろんな思い出が蘇ってきます。今でも映像やいろいろな記事を読むにつけぐっと胸の奥が苦しくなりますし、今でもまだ現地で厳しい状況におられる方もいらっしゃることかと思いますが、今自分がここにいられることに感謝し、一歩一歩進む力を持ち続けたいと改めて思います。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

・・・と、アタシ自身も今後のことを考えていろいろと身辺整理をしていかなければいけないのですが、同時にたまっている写真の整理もやらねば。
e0271868_219530.jpg

ちょっと前ですが、Werner's Oven でランチをとったあとに、どうせなら腹ごなしに MRT のBedok 駅まで歩いて行ってみようということになり、Upper East Coast Road 沿いを3人でゆっくり散歩してみました。そこで、ふっと見かけたお店。
e0271868_2184023.jpg

Udders Ice Cream です。シンガポールにもいろんな店舗があるとは知っていたのですが、East Coast の方のお店はここにあったのねと思い、さっきランチ食べたばっかりなのにデザートは食べてないし!と勝手な理論を展開してお店に入ってみることにしました。
e0271868_21112849.jpg

出入り口のドアからして、すでに甘さが伝わってきます(笑)。中に入ると、割と広い店内で、お客さんも結構入っていました。そして、こちらのアイスクリーム屋さんってやっぱりどこもドリアンの香りがどことなくしてきますね。ま、フレーバーとしておいてるところが多いからだと思うけど。
e0271868_21123546.jpg

とりあえず、カウンターで何にしようかなぁとメニューをみて。
e0271868_21132917.jpg

ココではベーシックなフレーバーが Classic というのにカテゴライズされていて、その上に Premium, さらにその上が Connoisseur といった感じにフレーバーがありまして、トータル3つのレンジに別れています。
さらにその中で、 Single とか Double とかスクープ数によって値段設定が分かれていて、もちろんこの中からいろいろな組み合わせをチョイスできます。たとえば、Premium と Connoisseur のダブルスクープ、とかね。
メニューをみて、アタシはもともとラムレーズン好きでアイスクリーム屋では必ず決まってそれを頼むので(店ごとにも違って食べ比べするのが楽しい)、"Rum Rum Raisin" という歌ってしまいたくなるようなラムレーズンのフレーバーを。オットは、一目見てこれがいい!というのでこちらもまたお酒が効いたもので"Tira-miss-u" というティラミスフレーバーのをチョイス。アタシのは Premium, オットのは Connoisseur だったので、お会計は $8 でした。率直な感想、、、結構高いなーって思いました(笑)。でもオーダーしちゃったしね。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-13 00:00 | + シンガポール・スイーツ

Chin Mee Chin Confectionery @ East Coast Rd : カヤトーストを初めて美味しいと思えたお店。

シンガポールには、今回のオットの駐在に帯同して来る前に個人旅行で2回来たことがあります。その時に、何度かカヤトーストを食べたことがあったのですが、いずれも残念ながら美味しいと思えず「これがシンガポールの朝食では定番なのか・・・orz」とがっくりきて、ローカルフードが大好きなのにこれだけはずっとニガテ意識を持ち続けていました。

そんな折、アタシなどよりもシンガポール歴がずっと長く、いろいろとご存じのcoliewさんから「ここ、昔ながらのファンに愛されている老舗なのだけど近々店をたたんでしまうという情報が流れてるんだよ!」と貴重な情報をいただきました。

お店の名前を聞いたときにすぐに「あ、ここカヤトーストで有名なところだ!!」とすぐにピンときまして。そんな地元にも愛されているお店ならアタシをカヤトースト好きに変えてくれるかも・・・と自分本位の期待をもちつつ、とりあえずいってみることにしました。バスで20駅揺られて到着。バス停を降りたら、ちょっと前にできた新しいモールである 112 Katong がみえました。
e0271868_21274583.jpg

特に興味がないのでスルー。とりあえず事前にリサーチした道をまっすぐムスコを抱っこしながら歩く。
e0271868_21291232.jpg

この辺りは Joo Chiat も近い Katong 地区なのでやはり街並みを見ているだけでも楽しい。この景色と同化しているような気分になれるのはなんだか嬉しいものです。
East Coast Road に出てそこからまたテクテク歩くと、ホテルもこんなのがあったりして新しい建物だけど作りがステキ。
e0271868_21312599.jpg

へー、文東記もこんなところにあるんだ、なんて再確認したり。
e0271868_2133845.jpg

ほどなくして目的地に到着。
e0271868_21334086.jpg

青い空に同化してしまいそうな、青い壁が印象的。お店の名前は、Chin Mee Chin Confectionery
e0271868_21351664.jpg

ぱっと店の中をみたら、テーブルはほぼ満席。みな Kopi とお菓子、もしくはカヤトーストをつまみながら談笑されていて楽しい様子がモロに伝わってきます。さらに、この時、 Media という札を下げた方々が多数カメラを片手にバシバシと撮影をされていました。しかもそのうちの一人の人が「あなたはここに初めてきたの?シンガポーリアン?」とかいろいろインタビューしてきて、何が起こっているのかわからず適当に会話して終了。はて・・・?

ちょうどそんな時に席が一気に空いたのでよし、いざ行ってみるべし!とムスコとともに店内に入り、Kopi とカヤトーストを頼みました。それからそれだけでは足りなさそうだったのでお菓子もいくつか。これは手前にあるショーケースから自分でとっていきます。
e0271868_21395357.jpg

こちらのローカルのお菓子屋さんやベーカリーで Custard Puff をまだトライしたことがなかったのでこのときぜひ食べてみよう!と意気込んでたんですが、トングを持っていた前のおばちゃんが残っていた Puff を全部お買い上げすべくトレーに乗せておられました。が、背後のアタシに気づいたのか「これ、欲しい?」と聞いてくれて、「すみません、、一つだけください!」とずうずうしくお願いする自分。そしたら、No problem といってアタシのトレーに乗せてくれました。こういうの、とっても嬉しい~!!

いくつかさらに乗っけて、席に持っていき、Kopi とカヤトーストをムスコと待つ。奥の方ではお店のスタッフがテキパキとオーダーに対応して作業をされていました。
e0271868_21455878.jpg

こういう雰囲気、とっても好きです。まず出てきたのは Kopi。

More
[PR]
by umiteii | 2013-03-08 00:05 | + シンガポール・ローカル

Quarter to Three @ Tanjong Pagar : ナチュラルテイストなカフェで可愛らしいケーキを3時のおやつに。

先日1歳3か月を迎えたムスコ、、運動量がハンパないです。徐々に月齢が進むにつれて体重が増加しているので抱っこも最近は厳しくなってきていて、歩いてくれるのは嬉しいのですが、予想のつかない動きに翻弄されております。
とはいえ、腹を痛めて産んだお前さん!!その気持ちに応えようではないか!ということで先日ちょっと散歩に繰り出してみました(なんて大げさ)。Duxton/Tanjong Pagar あたり。
e0271868_21425217.jpg

この辺りは街並みは綺麗で好きなんですけど、いかんせん歩道があんまり子連れ仕様ではないですね・・・段差がかなりあるし、歩道もがたがた。が、そんなことはものともせず、ワレら親子はひた歩く(アタシは一応保険のため、ベビーカー引いてですが・・・・)。Neil Road の裏側の道は、もう Tanjong Pagar Road。このへんって Maxwell Road とかもあるし、なんか結構メインぽい道がいっぱい走ってるなーっていつも思います。
e0271868_21441375.jpg

* こっち!!と自信満々に指差してはいるけれど、そっちは帰り道の方で、向かう方向は逆ですぞ・・・ムスコさん。

ここをテクテク歩いて行くといい感じのお店が結構あるんですが、今回初めて見かけたカフェっぽいショップに入ってみました。こちら。Quarter to Three というお店です。
e0271868_2147570.jpg

アタシたちが来店したときは午後の3時を少し回ったころ。まだあまりお客さんは入っていなくて静かでしたが中はナチュラルテイストなインテリアが印象的なこじんまりとした雰囲気。
e0271868_21504262.jpg

正面のショーケースが真っ先に目に入ってみてみるとこれまた可愛らしいケーキたちが並んでいまして。写真をとってもいいですか?と聞いたら、"Sure!Sure!"とお返事をいただいたので、ちらりと撮影。
e0271868_21543172.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2013-02-23 00:20 | + シンガポール・スイーツ

Barcook Bakery @ Hong Lim Complex : 焼き立てのソフトなパンがお手軽にいただけるパン屋さん。

この間、Chinatown に行った際に、近くの Hong Lim Food Centre に寄ったのですが、土日で時間も夕方近くとあってお目当ての Stall はすでに閉まっており意気消沈・・・・orz
しょうがないねぇ、とりあえず帰りますかってことでテクテク歩いていたら、思わぬところで気になってた店を発見!!
e0271868_2114783.jpg

Barcook Bakery です。この記事を見てから行ってみたかったの~♪
土日は16時までの営業って聞いていたのですが、この時すでに16時を過ぎていてまさか営業しているとは思ってなくて嬉しくて店頭のパンを食い入るように見つめるアタシ・・・・ でもお目当ての Cheese and Raisin Bread はすでに売り切れのようで、残念無念。どんな味なのか試してみたい気持ちが強かったので、とりあえずいくつか買ってみました。どのパンも一つ $1.4 とかくらいでした。これはお安い!
奥の方ではオーブンからパンが焼き立てででてきていて、そのまま店頭で販売してくれるスタイルみたい。

よーし、買ったどーー!!!
e0271868_21192429.jpg

* バックに見えるのが Hong Lim Complex です

もうすぐ、旧正月なのでこの界隈も賑やかな雰囲気がより一層漂っています。
e0271868_2121416.jpg

干支の蛇がわかりやすい感じに(笑)。この日は天気もよくていいお散歩日和でした。

で、さっそく翌日、買ってみたパンをいただいてみることに。まずは、Japanese Red Bean($1.40)。
e0271868_21234751.jpg

日本のアンパンに似ているし、名前もそれっぽいので同じような感じかなぁと思いきや。
e0271868_21242028.jpg

アンコというより、アンが混ざってるクリームといった感じ。味も薄めです。愛知県出身のアタシが一番に思いついたのが、小倉&マーガリンの菓子パン!これに似た味わいです。個人的にはあの個性的な味は好きなほうなので、これも結構好みかも・・・・ ただ、どっしりしたアンコが詰まったアンパンを期待していたのでその点ではちょっと残念。でも中のクリームより何より、パン生地がやわらかくて美味しいです。

そしてもう一つ、Curry Guy ($1.50)というやつを買ってみました。
e0271868_2129837.jpg

その名のとおり、カレーパンですが、これ割ってみると・・・・
e0271868_21294075.jpg

茹で卵が贅沢に入っていて、カレーのフィリングもたっぷり。しかもこの中のカレーがスパイシーでとっても美味しい!!!久々に美味しいカレーパンを食べた気がする。さらにこちらもやはりパン生地がいい感じ。

お店の HP を見ると、もちろん食パンなどのパンもあるのですが、ハード系というよりはソフト系なパン(菓子パン・お惣菜パン)などが多いような感じ。今回は閉店近くに来店したため品揃えが薄めだったのですが、次回はリベンジしたいところ。

Hong Lim 以外にも OG Albert Complex や OUB Centre, Alexandra Retail Centre, Tampines One, International Plaza などにも店舗があるようです。

------
Barcook Bakery @ Hong Lim Complex ★★★★☆
Block 531, #01-54
Upper Cross Street, Singapore 050531
* このお店は Makansutra の Bread のカテゴリで5本箸を獲得しています(2013年版)

↓最後までお読みいただきましてありがとうございました。よろしければクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

Tel: +65 6533 6588
[PR]
by umiteii | 2013-02-05 00:00 | + シンガポール・その他食べ物