「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

The Coastal Settlement @ Netheravon Road : チャンギ近くのカジュアルダイニングでのんびりランチ。

少し前になってしまうのですが、気になっていた The Coastal Settlement で初めましてのランチをご一緒させていただく機会がありました。ブログのコメントを通じて声をかけていただいたのは Kさん。とってもかわいいお嬢さんがいらっしゃるママさんです。

ではどこで会いますかね~?とお店チョイスを考えていたところ、どうせなら行ったことがないところに行ってみたい!!という自分の欲求がむくむくとわいてきまして(笑)。かつ Kさんのご自宅から遠くないところでどこかいいところなどご存知ですか?どこでも行きますんで!!とこれまた無謀なリクエストをしたところ、ここなんてどうかしら?と出してくださったのがこちらのお店。はじめはMRTとバスでいけいけゴーゴーしようと思っていたのですが、「場所がわかりづらいかもしれない・・・」とのことで、この日はタクシーで行ってみました。ちょっとしたショートトリップ♪
ちょうどタクシーでお店についたときに Kさん親子もお店前を歩いていくのが見えて、初めましてのご挨拶のあとに一緒に店内へ。周りは緑が多くて、気分まで爽やかになってきますが、中からみた風景もなんだか気持ちがいい。
e0271868_10571744.jpg

お店の中はこれまでとはまた違って、ノスタルジックを感じさせるいろんな雑貨がディスプレイされていてちょっと面白い。
e0271868_10545410.jpg

こんなのも。
e0271868_10584118.jpg

こっちもいろいろ!!
e0271868_1058215.jpg

たくさんのアイテムが飾られているのだけど、店内は空間に余裕をもった作りになっているので狭い印象はまったくうけず、独立したそれぞれが微妙にマッチしているのがなんだか不思議。

この日は平日だったのでそれほど混んでないかな?と思っていたのですが、予想以上にランチタイムは人が来ていて、賑わっていました。ちょっとびっくり。アタシたちはKさんが事前に予約をしてくださっていたのでそのまま席に通していただきまして、さて、何にしようか?とお互いにメニューとにらめっこ。
e0271868_1105035.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2012-10-30 11:30 | + シンガポール・その他食べ物

料理教室 @ 四川豆花飯荘 : 四川料理のクッキングセミナーに参加してみた。

10月ももう終わり・・・今週からとうとう11月に入りますね。
日本はもう結構肌寒さも感じると聞いているのですが、常夏の国にいると寒さにはエアコンがガンガンきいている建物にいるとき以外は無縁ともいえるので想像が難しくなりつつあります。それだけこちらの気候や気温に慣れきってしまっているのもスゴイ。

・・・・と、先日お友達と一緒にずっと行ってみたかった四川豆花飯荘の料理教室に行ってみました。Bugis近くにある、PARK ROYAL HOTEL にある四川豆花飯荘のほうで行われるセミナーです。
e0271868_2215681.jpg

トータルで3時間ですが、前半の1時間半はデモンストレーション形式の料理教室、後半の1時間半はランチタイム。レストランのシェフが自ら調理している状況をみられるので、どんなものなんだろうと興味シンシン。
e0271868_22302376.jpg

受付をするとお土産の紙袋を手渡され、花山椒などの調味料などがいくつか入っていて、レシピも印刷したものをいただけました。
e0271868_225410.jpg

この日のメニューは、以下の通り。

・水煮牛肉
Boiled Beef in Si Chuan Pepper Sauce
・鮮魚の豆板醤ソース煮込み
Fish with Spicy Bean Paste
・キャベツのさっくり茹で炒め
Cabbage with Sweet & Sour Sauce

初めて聞く料理名や材料などなど・・・どんなものに仕上がるのかワクワクします。

この日は10時からのスタートでしたが、すでに多くの方がいらっしゃっていてびっくり。
調理台に立つシェフの後ろにはスクリーンも用意されていて、手元の作業内容が大きく映してもらえるのでとても見やすく、また中国語の説明に日本語の通訳までついていてわかりやすかったです。
e0271868_2254154.jpg


そして一つ一つ出来上がるとその皿をスタッフの方が持ってまわってくれるので出来立てのお料理の色、香りをその場で楽しむこともできました。
まずは水煮牛肉がこちら。
e0271868_22123963.jpg

作っているそばから漂ってくる香りもすでに四川の辛ーいムードで一杯だったのですが(笑)、こうして出来上がったものを見ても汗がでてきそうな気すらします。でもこの香りがとってもよくて早く食べたくなったのはアタシだけではないはず!
その後のお食事の時にこちらをいただいたのですが、辛さはかなりありました。でもお肉がとーってもやわらかくて美味。白いご飯があるとより、よかったなぁ。

そして、その後は魚料理で鮮魚の豆板醤ソース煮込み。
e0271868_2215427.jpg

こちらは大きな白身魚を丸ごと1匹処理したものを豪快に焼き上げてその後調味料を加えたスープで煮込んだ一品。はー、このままがぶっと行きたい・・・・・気すらしますが、こちらもとても柔らかく作り込んでありました。思った以上には辛くなく、逆にマイルド。しかもうちで作るときには辛さを加減すればよさそうだし、白身のお魚ならどれでもあうんじゃないかなと思いました。

そして、、、

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-29 00:02 | シンガポール・習い事

Cheese を食べる会 @ Home : チーズに心躍り、ワインにときめく、至福のひととき。

先日、お友達のおしょうさんから「チーズを食べる会をやろうと思うんだけど、来ない~?」と、とっても贅沢なお誘いをいただきました。
e0271868_0182919.jpg

おしょうさんは、こちらに来てひょんなことから仲良くさせていただいている大切なお友達の一人。お会いするたびにその上品な立ち振る舞いにはっとさせられる、そんな方。でも、話してみると、とーーーっても気さくで、こういうのを癒されるっていうんだろうなぁ~と思わずにいられない。
そんなおしょうさん、なんとチーズプロフェッショナルなる資格をお持ちで、さらにワインについてもソムリエ資格まで保持されているというなんとも造詣が深い、スゴイ方。アタシのような、ただの飲んべーではありませぬ。

そんな嬉しいお誘いに乗らないわけがなく、当日は失礼を承知で、ムスコと一緒にコンドにお邪魔させていただきました。

いらっしゃーい、という声にノセられて、おじゃましまーすと足を踏み入れると・・・・・そこにはなんとこれまたなんとも言えぬ特別な空間が。

e0271868_22555825.jpg

ぬぉーーー!なんですか、このテーブルは!!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

うちにはまな板こそあれど、チーズやパンをディスプレイするボードなど、もちろんありません・・・・ そして、この高坏などあるわけもない!!!(笑)

しっかりと手作りのおつまみも用意されていて。シェーブルチーズとドライトマトのクロスティーニに、いちじくの生ハムのせ。そして、黒七味のチーズクッキー。
e0271868_2314619.jpg

そしてメインはこれ、マダムセレクトのチーズの盛り合わせプレート。オレンジ色がまぶしいミモレットやベージュ色にそまるコンテ、ブルーチーズ代表のスティルトン、トリュフがサンドされているもの、などなど・・・・ 
e0271868_2333646.jpg

ザクロってこんな風にディスプレイできるものなのですね・・・・ すみません、恥ずかしながら、食べることしか頭になかった(爆)。
しかもチーズに刺さるこの旗もお手製で作られたものとのことで、なんともかわいらしくチーズ入門者のアタシとしてはこんなとこですら感激する始末。
今回はテーマが季節的にも近い「ハロウィン」で、とのことで、どれもこれもぴったりとはまっていました。

この日は恵比スさんや mirohiちゃん、mushaさんという錚々たるメンバーとご一緒。
美しいながらも会話の引き出しがどこまであるんだろう・・・というくらいウィットに効いたトークが絶妙な恵比スさん、お料理もファッションもセンス抜群、明るくてすぐに場のムードメーカーとなるmirohiちゃん、可愛らしい雰囲気と軽やかな関西弁を放ちつつも、細やかな気配りがどこででもできてしまうmushaさんという、いつもながら素敵なメンツ。
e0271868_0282717.jpg

まず最初は mushaさんのオミヤ、スパークリングワインで乾杯♪ うまいっ!!

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-26 00:01 | シンガポール・その他もろもろ

Ye Lai Xiang Cheng Tng @ Bedok Food Ctr : バスに揺られ、はるばるローカルデザートを求めて。

最近は雨も少なくて以前のような暑さが戻ってきたような・・・気がするシンガポール。
暑いときは無性に冷たいものを欲するのですが、シンガポールに来て個人的にハマったのがCheng Tng(清汤)。シンガポールでもローカルのデザートではいろんなものがあり、Bean Curd Yam Paste, Ah BallingIce Kachang, Chendol などがあげられるかと思うのですが、なんといってもアタシが一番好きなのは Cheng Tng です。

いつもよくいくのは以前にも書いたココなのですが(あまりによくいくので、最近は店のおじさんがアタシの姿を見かけるとオーダーも効かずに無言で作り始めるくらい・・・・)、コレを見て気になっていた Stall に行ってみようと突然思い立ちました。お店の名前は夜来香清汤 Ye Lai Xiang Cheng Tng。ローカルのブログなどにも味が絶賛されていたので、これはCheng Tng マニアとしてはいっとかないとなーということでそのまま14番のバスに乗って Bedokまで。

いやーーーーー、バスに揺られること、おそらく40分以上かな・・・・・。なんといっても、遠かった。(;´ρ`) グッタリ
一応 Google Map でバスでの Direction を調べてからでかけたのだけど、そこで出ていたおよその時間が「1時間10分」とかだったし。

とはいえ、バスはOrchard を通り、Nicole Highway を過ぎて Upper East Coast Road とかをひた走り、途中で Siglap Rd にほど違いところで Strictly Pancake のお店の看板を見つけ "あら、こんなとこに新しい店舗ができるのかしらん?"などと車窓から眺めたり、いつもはみない道や光景が広がってそれは楽しかったです。

Bedok Road のあたりまできて下車。
e0271868_21241220.jpg

とことこ歩いて、ついたのは Bedok Food Centre。
e0271868_21245714.jpg

結構こじんまりとしたキレイめな Hawker でした。
e0271868_2125475.jpg

入口から入るとすぐに目的の Stall を見つけたのだけど、、、、、びっくりしたのはほかの店舗では見ない行列。

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-25 00:04 | + シンガポール・スイーツ

うま馬 @ Forum Shopping Centre : Orchard の真ん中で博多ラーメンを食す。

この間、久々にOrchardに出かけた先で、お友達のYukoさんから話を聞いていた、uma uma!に行ってみました。
e0271868_9552448.jpg

お店の話を聞いたとき、あまりにYukoさんが「ウマウマ」とお店の名前を言うので、ちょっとそのしぐさも可愛くてしょうがなかったのですが、こんなところにこんな店ができたことに全然気づいていなくてですね。
オットと行ってみたいねぇと話していたところ、ちょうどいいタイミング。聞くところによると、こちらが本家本元でとっても歴史あるラーメン屋さん。店の前にはこんな風にメニューも貼ってあって、聞いていたとおりメニュー構成はとってもシンプル。
e0271868_9573397.jpg

でも豚骨ラーメンやまぜそばなる新メニューも以前より増えている??

ランチには少々遅い時間だったのですが、店内は割と人が入っていてスタッフのかたもテキパキと作業をされていました。全体的にもラーメン屋さんにしてはシックな印象。
e0271868_105492.jpg


オットはラーメン屋さんに来るとチャーシュー麵系を頼むタイプなので、Spicy Chasiu Ramen なるものに目が留まっていましたが、こちらの看板メニューとなっている(と思われる) Uma Uma Ramen についているSpicy Miso(味噌)も辛めとのことなので、Charsiu with Spicy marinated なるものはどの程度の辛さなのかちょっと計り知れず。なのでUma Uma Ramen にチャーシューをトッピングすることに。
そして、アタシはシンプルに Tonkotsu Ramen にしてみました。こちらに味玉を付けて。

そして、でてきたのがコチラ。

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-23 10:28 | + シンガポール・和食

Tippling Club @ Dempsey : 緑の中に佇む素敵な隠れ家でユニークなランチとサービスを存分に楽しむ。

最近、かなりひどいスコールに見舞われることが多々・・・・土日の週末も雨三昧だったシンガポール。週末は外出することが多いので晴れてほしいんだけどなぁ・・・φ(TдT ) ウゥ…

・・・・と、先日のことですが、気になっていたレストランに家族で足を運んでみました。
Dempsey にある Tippling Club
e0271868_2125115.jpg

Miele Guide の Asia’s Top 20 Restaurants にもランクインしているお店というのは知っていたのですが、夜のしっとりした雰囲気を味わう前にまずはお昼のランチタイムを体験してみたいな、ってことで週末の昼下がりにお邪魔してみました。
事前に予約をしていったのですが、その後の Confirmation についてもメールと電話でかなり丁寧にしてくださり、訪問前から好印象♡ ただ、こちらのお店・・・Dempsey でもかなり奥のほうにあるのでお店の場所がなかなかにわかりにくい(笑)。そんなこんなでたどり着いてドキドキしながらお店に到着。
e0271868_21272731.jpg

ドアを開けてお店の中に入ると、そこはそれまでと違った異空間。まず目を引くのがバーカウンターと、キッチン。そしてそこには無数の瓶がつるされていて、なんともユニークな嗜好を凝らしたインテリア。面白い。
e0271868_2133988.jpg

テーブルに案内されて席につくと、こんなテーブルセッティング。
e0271868_22292044.jpg

カトラリーもこんなふうに置かれていて。シャレてる。
e0271868_2231416.jpg

メニューをいただいてどれにしようかーとオットと悩みつつ、スタッフがもってきてくれたのはこんなかわいらしいおしぼり。その場で乾燥したシートに冷たい水をそそぐと、スキンケアのシートマスクのようにそれが膨らんでこんな感じに。これを開くと冷たいおしぼりに大変身。
e0271868_22572781.jpg

一つ一つのサービスがどれも、おっ!と思わせるものばかり。次はなんだろう?とワクワクしてくる。
そして肝心のメニューはこんな感じでお昼はセットランチがあったのでこれにしてみました。
e0271868_2352939.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2012-10-22 00:13 | + シンガポール・フレンチ

最近のお手軽スイーツと Ladurée

今日もすごいスコールが一気に来たシンガポール!
お友達と会っていた最中だったのですが、どんどん空の色がグレー色に染まり、打ちつける雨の勢いと音にちょっと圧倒されたり。雨が止むのはさーっと未練もなく引いていくのでその点はいいんですけどもね。

さてさて、閑話休題・・・というわけではないですが、ちょっとしたマイブームになりつつおやつの話。
最近うちの近所のモールに入っている Da Paolo Gastronomia のティラミスにちょっとハマり気味です。
e0271868_21232353.jpg

大きさは3つあって、大きいのとその半分くらいのもの、そしてカップサイズ。本当はでっかいのを独り占めして食べたい欲望でマンマンなのですが、食べた後に後悔の嵐にさらされそうなので一応中を買ってスプーンですくって食べることで自己満足しています。
何気にアタシが行くところはいつも一番小さいカップサイズが Soldout になってるんですよね。
* やっぱりみんな、理性を持って買ってるのか・・・?

ティラミスの表面のチョコレートパウダーは水分や湿気があるとすぐに黒くなるので、本当は食べる直前にかけるのがベストだと思うのですが、ここはTake Away のものなので仕方ない。でもこうしたプラスティックケースに入ってるので保存しやすいし、食べやすいのがいい。お味もまずまず。
e0271868_21292392.jpg

ちょっと前までは Black Forest Cake (キルシュに漬けたチェリーが入ってるチョコレートケーキ)に少しハマってたけど、最近はなぜかティラミスが無性に恋しい・・・のです。

そして、何気にこれを見てたら、とうとうシンガポールにも来年、フランスパリの老舗パティスリーでもあるLadurée(リンクはクリックすると音がでますので注意)がやってくるみたいで。
e0271868_21474999.jpg

*画像は Laduréeさんのページからお借りしました

薄いグリーンがイメージカラーで相変わらず可愛らしい。ちなみに HP みてみたらこんな ラデュレ×LANVINとのコラボ商品まで!しかも "バブルガム"フレーバーの限定マカロンボックスらしいが、どんな味なんだ・・・・(笑)。
すでにシンガにきてるブーランジェリーの Paul と親会社が同じなのであの近くにできたりするのかな。

いずれにせよ、いろんなお店がどんどんシンガポールに集まってきそうで楽しみです♡

↓最後までお読みいただきましてありがとうございました。よろしければクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by umiteii | 2012-10-18 21:50 | + シンガポール・スイーツ

Enoteca L' Operetta @ Boat Quay : 川沿いのおなじみイタリアンにて家族ディナー。

10月も後半にさしかかり、もうちょっとしたらもう11月。
今月に入ってうちのオットは二度目の出張のため今日からジャカルタへ。アタシとオットは就いている仕事の職種もまるで違い、性格も正反対、顔のテイストも全然違うし、ぱっと見た感じまったく共通点がなさそうなのですが、唯一似ているのは食べ物の趣味とお出かけ(旅行も含めて)好きということ。
2人であれこれ情報収集してはあーだこーだと言い合うのが楽しみの一つとなっており、すごい遠いところでも「何かいいものがあるかもしれん!」と面倒臭がらずに一緒に行ってくれたりするので、それはそれで嬉しかったりします。

そんなオットが会社の飲み会で使ったというレストランに、アタシ自身は今まで通りすがるだけで入ったことがなかったので、今回平日の夜にオットの仕事が終わったあとお邪魔してみました。Boat Quay にある Enoteca L' Operetta
e0271868_11221164.jpg

周りの知り合いの方々からよく話は聞いており、在星の皆様にはなじみ深い店とのことですが、今回アタシは初訪問。なんかBoat Quay ってうちからみると Clarke Quay より向こう側にあるので中々足が伸びず・・・でして。
お店の前で待ち合わせね、と約束しその日はバスでムスコとのんびりとむかいました。
e0271868_11213724.jpg

お店はシンガポールリバーに面しているので河の向こうの夜景も綺麗。サンズも見えるしね。
オットがやる気を見せてなのか、遅れたら怒られると思ったのか(笑)ダッシュでやってきたので、そのまま3人で店内へ。
e0271868_1125193.jpg

白が基調のさわやかでモダンな雰囲気。ムスコもいたので奥のほうの静かな席に案内していただきました。
e0271868_11255038.jpg

ちょうど Restaurant Week の期間だったのでメニューは期間限定の固定メニュー。メインは魚か肉をチョイスできます。まずは・・・・やっぱこれ。スプマンテ。ウマイ。
e0271868_11281379.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2012-10-17 12:01 | + シンガポール・イタリアン

Garibaldi @ Purvis Street : Raffles Hotel 近くのモダンで落ち着きあるレストラン。

先日、お友達のセニョ子さんから「もうすぐ Restaurant Week ですねー。ってことでランチ行きません?」とお誘いがありまして、おぉ、もうそんな時期か~と思いつつ、これまたお友達の Yukoさんも誘ってイタリアンレストランにランチに行ってきました。Raffles Hotel の裏側というのかな、Purvis Street 沿いにある Garibaldi
e0271868_11544199.jpg

アタシがネットで予約したときには割といろんなお店がすでに Full bookになっていて、みんなすごいチェックしてるなぁーと感心しきり(笑)。その中からちょっと落ち着けそうで、かつ割といい評判を聞いているこちらを予約してみました。
e0271868_1202648.jpg

セニョ子さんのお子さんの保育園のお迎えもあるのでちょっと早めのランチスタートにしよう、と事前に連絡を取り合って当日は11:30に待ち合わせ。
バスで Raffles Hotel前まで行ってそこからトコトコとムスコを抱っこしてお店の前にたどりつくと、すでにYukoさんが到着していたので、先に入っていようかと会話。
e0271868_123433.jpg

お店のひとに予約がある旨を伝えると「用意ができるまでここで待っててね」とWaiting Roomを兼ねたバースペースのようなところに案内されました。ほどなくして、席に案内されたので本当に少しの時間しかいませんでしたが(笑)。

お店の中は結構奥まっていて、店内のインテリアもシンプルかつシックで非常に落ち着いたムード。ワインなども豊富にセラーに入っていて気分が高まります。

お店のスタッフに言われるがままついていくと・・・・・なんとこんなところに!
e0271868_1261240.jpg

事前に子連れで行くことなど、ハイチェアの用意をお願いしたいことなどはお店には伝えてありましたが、そのうえで大人3人、子ども3人と大所帯であったことを考慮してくれたのか、個室の部屋を用意してくださっていたのがとても嬉しかったです。
e0271868_12112831.jpg

Restaurant Weekのときのメニューについては通常のメニューと違ってその期間の特別なメニュー構成となっています。多くのお店がランチだと$25, ディナーだと $35 でいただけるというお得な内容にはなっているのですが(ただし、DiningCity Star Award を獲得している☆つきレストランは上記にさらにプラスでお金がかかります)、こちらも☆つき店なのでプラス15ドルのランチ。
e0271868_12171841.jpg

メインは2種類から選べて、パスタとお肉のいずれかを。そして、最後にはドリンクも今回はついていました。

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-16 13:02 | + シンガポール・イタリアン

たまにはお茶でも。Part9 週末編 (Chihuly Lounge@The Ritz-Carlton,Millenia)

だいぶ前のことになってしまいますが、9月に義理の両親が来星した際、帰国便が深夜だったので最終日の午後にハイティしながらゆっくり過ごしてみようということになりました。
宿泊先のホテルが Marina 近辺だったので近くの The Ritz-Carlton Millenia の Chihuly Lounge にて。平日は来たことがあったのですが、週末は初めてだったので記録しがてら書いておこうと思います。

ラウンジは相変わらずの開放感。14時半くらいにお邪魔したのですが、もう割と席が埋まっていてこの日は割と欧米人のお客様が多かったです。
e0271868_103141.jpg

エントランス近くにあるオブジェには、これまたきれいにケーキなどのスイーツがディスプレイされていました。
e0271868_1051875.jpg

アタシたちは広めのソファ席に案内していただきまずはお茶をそれぞれオーダー。暑かったのでアタシはマンゴーアイスティーをお願いし、オットと義理の両親はポットサービスの紅茶を好みのものでオーダー。
週末のは平日のと違って、ビュッフェ形式なので自分で好きなものを好きなだけチョイスするシステム。平日だとなかなかこういったビュッフェは厳しいのですが、ムスコを見てくれる人がいてくれるというのは心強い。

どんなものがあるのか、オットと一緒に中央にあるテーブルに行っていろいろと品定め。
まずは無難にサンドイッチなど軽食系。
e0271868_1074143.jpg

シャンパンなどのお酒が進みそうなおつまみ系。
e0271868_108102.jpg

おかず系のお肉や海老のお料理など・・・・
e0271868_1084716.jpg

個人的には↓このカレー風味の海老料理(お名前は忘れちゃった・・・・)がヒットでした!
e0271868_1085816.jpg

e0271868_1094616.jpg

あとは小龍包とか団子ぽいものとかもありましたが、小龍包はせいろに結構たくさん詰めて蒸しているようで、皮がそこにくっついていたり、となりの包とくっついてしまってたりして破れて無残な姿になっているものが多く、小龍包の肝であるせっかくの肉汁の見る影もない感じに・・・・なのでせいろの蓋をあけて、そのまま閉じてしまいました(笑)。

とりあえず最初はこんな感じでスタート。

More
[PR]
by umiteii | 2012-10-15 10:32 | + シンガポール・ハイティ