「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:+ シンガポール・ローカル( 63 )

Sin Huat Seafood Restaurant @ Geylang : 初の Crab Bee Hoon に舌鼓を打つ、家族ディナー。

シンガポールではいろいろなシーフード料理もいただけますが、まだ食べたことがなかったクラブ・ビーフン。どんなものか興味があったものの、それまで未トライでシンガポールを離れる前に家族で行ってみよう!ということになりオットが会社のローカルスタッフのオススメのお店を聞いてきてくれたのでそこに訪問してみました。
場所は Geylang~!
e0271868_1933310.jpg

夜しかやってない店なのでとりあえずオープンの18時半に合わせて向かいました。ここです。
e0271868_1934645.jpg

Sin Huat Seafood Restaurant です。お店はとってもオープンな感じ(笑)。
e0271868_19352052.jpg

予約はいらないけど、早めに行ったほうがいいよ!というアドバイスをいただいたそうなので、それに沿って行ってみたんですが、18時半になってもやってるのかやってないのかわからない、このマッタリ感。
とりあえず席に座るとオバちゃんが取り皿とかお箸とかおしぼりとか持ってきてくれた。あとつまみのピーナツも・・・(まだ酒はオーダーしていないのに(汗))。
e0271868_19381581.jpg

ここの店にはメニューみたいなものはないみたいですが、我が家では食べたいものが決まっていたのでそれらをオーダー。クラブビーフンは2人前お願い、と言ってみました。
その後、店の水槽(いけす?)からそれぞれ素材を取り出して、調理していくさまが外からも見ることができました。ワクワク。
e0271868_19404950.jpg

とりあえず、暑いし、、、ここはやっぱりあれですよ。

ビーーーール!!!!
e0271868_1941276.jpg

わさわさと注いで、おっしゃ、乾杯!!!
e0271868_19415997.jpg

タイガーをうまい~!とぐびっといただきつつ、つまみのピーナツを食べる食べる。結構早めの時間でしたし、シンガポールでは日が落ちるのが遅いので飲み始めたころは割と明るかったのですが、どんどん日が落ちて暗くなっていくのがよくわかりました。なんだかもう当分このムンムンとした熱気ともお別れかぁと思うと少々しんみりしたり(笑)。でもまだこの日はこれからが本番よ!ってことで料理を待つアタシたち。
そして、まずは帆立のお料理が。にんにくと味噌っぽいたれがかかっています。
e0271868_19453346.jpg

お酒に合うつまみになるなぁと思いました。荒くみじん切りされたにんにくがタレ(甘くない)の味わいを深める役割を果たしています。そして何より帆立の身が厚く、フレッシュで美味しい。味は濃いめなのでビールがさらに進みます。
e0271868_1948117.jpg


その後、オットが同僚からオススメされたという、Boiled Prawn with Garlic が登場。
e0271868_19483559.jpg

これでもかとこれもニンニクがたっぷり乗った一品ですが、これはとても美味しい!!
e0271868_19491794.jpg

海老自体がとても大きくてプリプリ。このままにんにくを添えていただいても美味しかったし、添えられているチリ入りのソースをかけても味の変化が楽しめてウマシ。個人的には帆立のやつよりこっちのほうがすき!!!

いやーうまいねーーー、と言いつつ、気づいたらビールも3本目(大瓶)。厨房ではこのオジチャンが、どんどんくるオーダーに奮闘してました。
e0271868_19563964.jpg

そして、結構待ってから(オーダーしてから1時間くらい経ってたかも?)、待ちわびたクラブビーフンが来ました!!どーーーーん!!!
e0271868_19514578.jpg

ビーフーーーン!!
e0271868_19533388.jpg

2人前でこのボリューム。しっかりと量があり、紅い甲羅がさらにプレートのゴージャス感を演出してました。蟹味噌もしっかりあって、身もつまった蟹。そしてそのエキスをたっぷり吸いこんだビーフンがこんもりと。
e0271868_19543126.jpg

蟹の爪も大きくて食べごたえがありました。またそのほかの部分についても身を取り出してほぐし、ビーフンと混ぜて一緒にいただくとこれまたウマシ!!!!

あーーー、幸せ~♡♡
ビーフンについては味付けも程よくてどんどん食べられてしまいます。美味しい。

はっと気づいてから周りをみたら、どのテーブルにも甲羅が載ったクラブビーフンの大きなプレートがあり、みなそれを食べていました。その時にいらっしゃったお客さんはアタシたち以外ローカルの方でしたが、どの方もクラブビーフンとあと一品くらい頼んでいる程度で、メインはやはりこれみたい。蟹はどうしても食べてると無言になるけど、集中しちゃうから仕方ないよね!(笑)

いやー、食べた食べた!!!
e0271868_19593885.jpg

食事の途中ですごいスコールが来たりしていろいろな意味で波乱でしたが、でもここまで足を運んで本当によかったです。お店のオバちゃんもすごく優しくて(この調理してくれてるオジチャンは結構強気でオーダーを迫ってくる(笑))、帰りにタクシーを拾うか?とかいろいろ心配してきいてくれたりしたりしましたよ。

帰りにはすでにどのテーブルも満席になっていて地元の方に愛されているお店なんだなーというのを実感。またここにはきてみたいと思いました。周りはドリアンを売ってる店ばっかりなんですけどね(笑)。

***********
この日は、家族3人でゆっくり夕食をいただいた最後の日となりました。
オットとは大学に進学するために上京してから18のときに知り合い、そこから18年が経過。結婚して今年で12年。てかもうアタシの人生の半分はこの人が一緒なんやね~

うちのオットはアタシとは真逆の人で、いつも温和、アタシが「これ、どうなん!?ありえなくね???」と怒っていても、「まぁまぁ、それはうみのニーズを満たせないもんだったんだねぇ~」とかゆるーく諭してくれて、いろんな意味でアタシという怪獣の扱い方を十二分にわかってる人。

飲みまくって酔いつぶれたときも、仕事で辛くて泣いたときも、アタシが単身でアメリカに赴任した2年の間も、シンガポールと日本のうまいものを食べまくろう!とさまよいまくっていろいろ歩き回ったことも、出産に立ち会ってくれたことも、いろーんなことを一緒に経験してきたなぁとしみじみ思います。

今日みたアンビリーバボーで(久しぶりにみた・・まだやってるんすな)、75歳で高校に入って無事卒業したおじいちゃんを特集していて、奥さんが「大学に行きたかった」といっていたことに触発されて、一念発起し高校に入って卒業までなしあげたというドキュメントを見て、そこで「何歳でも学ぼう思えばどこでも、だれでもできる!!」と言っていたのを目の当たりにして、まさにそうだと思いました。

負けるのは悔しいから、オットが単身で向こうに行ってる間にムスコとともにでっかく成長してやるぜ!
とはいえ、オット、いつもありがとう(酒代がいつも高くついてすみませんね・・・)

------
Sin Huat Seafood Restaurant ★★★★★
659/661 Geylang Road
Junction of Geylang Lor 35
TEl: +65 6744-9755
* こちらのお店は Makansutra の Crab Bee Hoon のカテゴリで6本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-19 00:19 | + シンガポール・ローカル

Prawn Mee を求めて三千里 その3 @ Tiong Bahru Hokkien Prawn Mee

順番は前後していますが、実は近場でも少し前に訪れていた Prawn Mee がありました。Tiong Bahru Hokkien Prawn Mee でして、 Tiong Bahru FC にあります。
e0271868_1441970.jpg

ずっと来てみたかったものの、いつも 14時にはクローズしてしまうので近いのに来れず・・・・・今回初めてのチャレンジ。この日は看板に電気がついてた~(つまり開いてた)!

Prawn Mee の店のご主人ってどこでも短パンと長靴姿で細いオッチャンが多い気がする(笑)。この日は Soup の Prawn Mee の $2 のやつにしました。一番安くて小さいやつ。オバちゃんがささっと作ってくれました。

出てきたのはこれ。
e0271868_14911.jpg

殻とか頭とかを取り去った海老が2匹くらい、そしてフィッシュケーキのスライス、もやしなどが入ったごくシンプルなもの。$2 でも割と量はありました。しかもスープがアツアツ!!!
e0271868_1410285.jpg

よっしゃいただきます~ってことでまずはスープを飲んでみると、シンプルに海老のウマミを感じられるウマイスープです。余計なものがない、って感じで、味付けもちょうどいい。スープだけでも飲んでいたい気すらする。

海老も見た目は地味ですが・・・・(笑)、茹で加減もちょうどよく新鮮だと感じましたし、フィッシュケーキも味わいを深めさせるのに一役買っているように思いました。美味しい。

麵はこの手の Noodle ではよく見られる中太麵ですが、まずまず。スープとしっかりあっていました。
e0271868_14134787.jpg

Makansutra に寄ればこの地で50年やってるっていう老舗 Stall・・・・・ もっと高いやつだったりすればゴージャスなのが出てくるのかもしれないけれど、$2 というお値段でこの味がいただけるってのはスゴイことだと思います。豪華さや派手さはないけれど、素朴さやシンプルさを存分に感じられる秀逸な Prawn Mee だと思いました。ご主人も結構な年齢のように見えたけれど、今後もこんなお店は続いてほしいなぁ。

汗を流しながらめーん!めーん!Time を満喫している母の傍らで、お店のご主人とその知り合いの方?にムスコは遊んでいただいておりました。
e0271868_14164095.jpg

こっちの方々は本当にキッズフレンドリーなので、どこに行っても親切なのが嬉しい。ありがとうございます。

はー、美味しかったのでとりあえずカロリー消費のための散歩にその後は勤しみました(笑)。

------
Tiong Bahru Hokkien Prawn Mee ★★★★☆
30 Seng Poh Rd #02-50
Tiong Bahru Market & Food Centre
* このお店は Makansutra の Prawn Mee のカテゴリで5本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-17 00:00 | + シンガポール・ローカル

China Whampoa Home Made Noodle @ Whampoa Drive : すべてにおいて完成度が高い麵を味わえるスゴイお店。

うちのオットが、少し前に家で夕飯を食べているときに
「俺さぁ~、最近板麵(Ban Mian)にハマってるんだよねー」
知ったかぶりのように鼻高々と鼻息荒く話しておりました。

あー、前食べたことあるよ、板麵。きしめんみたいに太めの麵でスープのやつだとあっさりしてるヤツ。でも前アタシが食べたのは失敗で、美味しくなかったな・・・などと頭の中で記憶を巡らせていたんですが、このころから「バンメン、バンメン」と単語を繰り返すようになったことからいやでもあの時のリベンジをするのは今なのか・・・と思いはじめるまでに。恐ろしや、洗脳って(笑)。

それならちょっと足を伸ばしてでもウマイと思える店に出逢いたい!!ということで、lovehorseさんのブログ記事で以前から気になっていたこの店にいかねばと思い、場所を調べ、午前中にバスに乗ってぶらりと行きました。向かうは、China Whampoa Home Made Noodle !!
アタシの家の近所のバス停からは139番のバスに揺られて、Dhoby Ghaut を過ぎ、Tekka Centre を通り抜け、Farrer Park も横目に見て Balestier 方面へ。降りたのはここ、Balestier Tower 前のバス停。
e0271868_1702969.jpg

ここから横断歩道で反対側に渡って少し歩くと Whampoa Drive に出ます。
e0271868_1722029.jpg

この奥に見えるグリーンの屋根の建物が目指す場所。歩いていくとこんなのもあったり。
e0271868_173562.jpg

へぇぇぇ・・・・と思いつつ、そのままムスコを抱っこしてテクテク歩く。そうすると Whampoa Market がまず目の前に見えてきます。
e0271868_1735997.jpg

まだお昼よりずいぶん前だったので活気に満ちていました。こういうところってなんか雰囲気を楽しめるから好きだなーー。
e0271868_175515.jpg

んで、そこからもうちょっと先にいくと Food Centre があります。この Blk#91 がそれです。
e0271868_1753850.jpg

朝ご飯のピークは終わったタイミングかなと思ってたんですが、結構にぎわっている FC で、気になる Stall がいくつもありました。
e0271868_177206.jpg

が、今回はここで道草を食っているわけにはいかず、そのままターゲットを探すと、サクッと見つかりました。ここ!!
e0271868_178256.jpg

14時までしか営業しない店で、しかもピーク時にはめちゃくちゃ待つと聞いていたんで、どうだろ、って思ってたんですが、思ったより空いてました。ちなみに9時半ごろに行ったついた記憶があります。
e0271868_1710748.jpg

店の中ではすごく細いお姉さんが調理を主に担当されていて、外ではお兄さんがお客様の対応(会計とか)をされていました。2人ともすごく若い。頑張ってるエネルギーがヒシヒシと伝わってきました。
e0271868_1713051.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2013-04-14 00:47 | + シンガポール・ローカル

Prawn Mee を求めて三千里 その2 @ Jalan Sultan Prawn Mee

Prawn Mee を求めて三千里・・・とは言い過ぎだし、そんなに遠くもないんだけど、2軒目は Kallang 駅の近くの Jalan Sultan Prawn Mee へ。駅からすぐ近くにあるんですぐわかりました。アタシたちはバスで行ったのですが、Lor 1 Geylang の近くのバス停で下車。River South の Prawn Mee の店からも割と近かったです。ここの道沿いにあります。
e0271868_1346082.jpg

ちなみに、この奥に見えるのが Kallang の駅です。

うっしゃ!着いた~!!
e0271868_13463379.jpg

こっちのほうが営業時間が15:30までと短いので13時半くらいに到着したワレらは Soldout とかになってないかヒヤヒヤしてましたが、大丈夫でした。Coffee Shop みたいになってる感じの店内で、中にも外にもテーブル席があって混み合ってました。

ベビーカーで行ったのでそのまま外の広めなテーブル席を確保。ちょっと一人で中を視察。
e0271868_13492364.jpg

メニューはよく見る感じで Prawn Mee 以外にもプラスαのトッピングのものもあったり。こんな感じのところで一生懸命麺づくりをされてました!
e0271868_13504844.jpg

とりあえず、食べるものは決まってました。River South のと比較したかったのでポークリブ入りの Prawn Mee。真ん中のサイズ。こちらは $8 で $1 高かったです。

で、席で待ってると、お店のスタッフの方が持ってきてくださいました。それがこれ!
e0271868_13572540.jpg

おぉ、、、なんか見た目がゴージャス。上から見てみてもなんか、、やっぱりゴージャス(笑)。
e0271868_13582930.jpg

こちらのお店の海老は半分にカットしたのが綺麗に並んでいました。頭に見える味噌もなんかいいじゃないの~と思いつつ、味を試してみたいという気分に負けスープをいただいてみました。

お。熱さもベストであっさりしたスープ。ですが、先ほど食べた River South のほうとは全然違う味わい。こちらのほうは干しエビのような風味みたいな香ばしさのようなものも感じました。
なるほど・・・・・Prawn Mee 一つでも全然お店によって違うなぁ・・・・・ 

それぞれの好みによるかと思うのでここは個人的感想になりますが、アタシはここのスープはあまり好みじゃないかも。美味しいけれど、なんかアタシが求めてる Prawn Mee のスープはこれとはちょっと違う。うーん、残念・・・

麵は太目の黄色の麵。でもこれもその前に食べたモチモチ感を超えるものではなく、うーむ、期待していただけにちょっとしょぼーーん。あ、こちらももやしとかカリカリ系のトッピングがついていました。

海老も大き目だし味もしっかりしていて美味しいですが、やっぱりこのスタイルのはこの手の太い箸だと非常に食べにくいんだよなぁ。
e0271868_1452477.jpg

ちなみにポークリブは River South のより小さくて骨ばっかりだった・・・ がっくし。こっちのほうが $1 高かったのに!!(←シツコイ)

とはいえ、同じものを頼んで、まったく異なるスタイルだったのは新しい発見。まだまだ Prawn Mee も開拓しがいがあるなーと思った1日でした。

------
Jalan Sultan Prawn Mee ★★★☆☆
2 Jalan Ayer (Off Geylang Lor 1)
Tel: +65 6748-2488
* こちらのお店は Makansutra の Prawn Mee のカテゴリで4本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-13 00:08 | + シンガポール・ローカル

Prawn Mee を求めて三千里 その1 @ River South (Hoe Nam) Prawn Noodles

先週の週末にふと思い立って、Prawn Mee の店のはしごをすることにしました(笑)。気になってたところがあるけど、なかなか一人だとムスコと一緒ではしごは厳しいし、こういうときにオットがいるととても楽ちん!!
まずは1軒目、Potong Pasir のほうにバスの65番に乗ってゆらりと移動。Serangoon Road を進んで、降りたところはここ。
e0271868_12193987.jpg

この Tai Thong Crescent っていう道をまっすぐ歩いていくと、、、目的の店がありました。River South (Hoe Nam) Prawn Noodles です。
e0271868_1221041.jpg

なんかベンツとか BMW とかで来てるお客さんもいたりとかしました・・・・びっくり。

今回は混んでることは承知での参戦でしたが、いやー、お昼時、12時ちょっとすぎだったのにすでにこの混み具合!!
e0271868_12252094.jpg

店そのものは3つくらいの Stall のユニットの広さがあって大きいのですが、いかんせんどのテーブルもお客さんでいっぱい。しかしそこはもういつもの図太さで、空いたテーブルをささっと確保して着席。食べるのは決めてたんですが、メニューはこんな感じ。
e0271868_12273142.jpg

サイズも S/M/L とあるし麵については Soup or Dry がチョイス可能。アタシたちは 4番のポークリブ入りの Prawn Mee の M をオーダー。その間に、周りの人が食べていた Fish Cake を一つ買って、食べて待ちました。
e0271868_12311655.jpg

オーダーするとこんな番号札を渡されます。そして横にある電光表示板みたいなやつに番号が表示されるのでそれで自分の順番が来たら取りに行くっていうシステム。
e0271868_12322454.jpg

この Fish Cake ですが、外側はカリっと香ばしく、中はしっとりと魚のウマミが詰まってて美味しかった。大きさも食べやすく切ってあるしムスコも美味しそうに食べてましたよ。$1.8なり。

とりあえず、待ってたら思ったより早く順番が来ました。麵も何人分かのオーダーのものをまとめて茹でてつくるかと思うので番号は一気に進むんですかね。
で、でてきたのがこれ~!!
e0271868_12345819.jpg

アツアツのスープに、頭がついた海老とポークリブがどっさり。フライドオニオンとかもふんだんに入ってます。いい香り!!

More
[PR]
by umiteii | 2013-04-12 00:01 | + シンガポール・ローカル

He Zhong Carrot Cake @ Bukit Timah FC : お好み焼き感覚でいただける美味しいキャロットケーキ。

温かいデザートも食べたし、あとは何かめぼしいものを Take Away できないかなぁと思ってぶらぶら見てたら、オットが「おー、ココ、確か Carrot Cake で有名なところがあったはずだぜ!!」とまた自信満々に言っていたので、ほぉ、、、そうかい、そうかい、それなら行ってみようじゃないの!!勇んでいってみたところがありました。He Zhong Carrot CakeSeng Kee Carrot Cake。前者は Makansutra では Carrot Cake のカテゴリで5本箸、後者は 4本箸を獲得しているらしい(オット談)。

へーと思って、外から中の様子を見学してたらスゴイ勢いで Carrot Cake を、超熱いまなざしで作ってる・・・・・ 熱いよ、熱い!!Carrot Cake に対する熱い情熱を感じる。これは試してみるしかないねぇ~
食べ比べしようかとも思ったけど、Carrot Cake 三昧の日々も酷だなぁと考えたのでここは一本勝負。若いニーチャンが頑張ってる方で買うことにしました。こっち。
e0271868_21455914.jpg

細かく切った大根餅がこんなにたくさんありました。こんなに使うんかい・・・・(もちろん、これを一度に使い切ることはないかと思うが(笑))。
e0271868_21472393.jpg

お兄ちゃんが焼いてはひっくり返しってのを何度も繰り返して Carrot Cake を仕上げていました。
e0271868_21493520.jpg

ボリューム感がちょっと読めなかったんだけど、とりあえず真ん中の値段の $3 のをチョイスしてお持ち帰り。あったかい~ ほかほか~

でこの日、お酒のおつまみでいただいてみることに。
e0271868_21512495.jpg

おぉ、この厚み!!!いつも見ている Carrot Cake はボソボソ、バラバラな感じなのでちょっとこんなにまとまり感のあるものとは思わず。イメージとしてはお好み焼きやパンケーキのような厚みと大きさ。これは期待感が膨らみます。しかも表面が黄金色になっててパリッとしてるのが見てるだけで伝わってくる。ちなみにアタシがいつも頼むのは White のほう。
e0271868_21535195.jpg

断面図もとってもいい感じ。大根餅もしっかりと、そしてそれをまとう卵もホッコリとしていていい香りが漂ってくるので待ちきれずに一口。

おぉ、これは・・・・・・うーまーいーーー!!!

やはり見た印象通り、表面がクリスピーでカリッとしていて中はもっちもち。味も濃すぎることも薄すぎることもないし、何より香りが本当に豊かなんです。箸が進む~!!ついていたチリを付けながらいただくと、これまた違ったニュアンスを楽しむことができます。でも何気に $3 でもかなりのボリュームだったので、$2 でも十分な気がします(2人でも食べきれず・・・・)。

これうまいねー!!とオットと嬉々として話していたんですが、 Makan本をチラ見していたオットがひとこと。

「なんかさー、"The morning version, prepared by the lady boss, is slightly better than the afternoon version, prepared by the daughter and a hired hand. But we are talking about minute differences." って書いてあって、どうやら朝バージョンの女性が作ったやつのほうがもっとウマイらしいぜ~、まっ、minute differences らしいけど」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ええぇぇぇぇぇぇぇ・・・・Σヽ(`д´;)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ マジで。事前予習が不徹底すぎる・・・。orz

でも afternoon version がこのレベルなら、morning version は相当なんだな、と。いつか、また朝にリベンジできるかしら・・・トホホ。

あ、そうだ、「ケーキ」という単語つながりで思い出記録(←若干苦しいか?(笑))。
先日お友達とのランチをリージェントの BASILICO でしたときに、サプライズでお祝いをしていただきました。
e0271868_204413.jpg

ケーキは Dolcetto by Basilico のもの。同じ誕生日月だった、恵比スさんとエリさんと、3つのケーキ。美味しかったし、何よりみんなの温かい気持ちがとっても嬉しかったです。
e0271868_206796.jpg

みんな、本当にありがとう♡

-------
He Zhong Carrot Cake ★★★★☆
116 Upper Bukit Timah Road #02-185
Bukit Timah Food Centre
* このお店は Makansutra の Carrot Cake のカテゴリで5本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-09 00:05 | + シンガポール・ローカル

Home-Make Pau Specialist @ Cassia Crescent : Coffee Pau をはじめとする美味な Bao を食べられる店。

昔から豚まんとか叉焼が入ったパイとか饅頭とか、大好きなアタシ。なのでシンガポールに来てからいろんなところで手軽に Bao をいただけるのがとても嬉しいことだと思っていました。ちょっとお腹が空いた時、おやつに一口食べたい時、時間がないからぱぱっと食べたい時、いろんなシチュエーションがあるかと思いますが、安価でお手頃な Bao は頼もしい存在です。

実はこの間書いた、Tanjong Rhu Pau & Confectionery の近くにも気になるところがあったのでこちらの方に来るタイミングが合った時に狙いを定めていってみました。Cassia Crescent にある Home-Make Pau Specialist というところです。こんな風に、Yahoo Singapore の News にも特集が載っていました。場所的には、Old Airport Road Food Centre の後ろ側といえばいいでしょうか。Old Airport Road を背にして歩き、Cassia Crescent という小道までいきます。
e0271868_9393181.jpg

シンガポールの HDB の名前は XXX Crescent という名前のところが割と多く、この名前が道になってることも多いです。この青いヒサシがついてるところが目的の Coffee Shop。建物の外観はこんな感じ。Blk#24 です。
e0271868_9411080.jpg

ベビーカーを押して歩いていくと、目的の Stall はすぐに見つかりました。ここ!!
e0271868_9424694.jpg

とってもやさしい笑顔のご主人が出迎えてくれました。ひたすら中で仕込みやBaoを作成中。
e0271868_943279.jpg

メニューはこんな感じ。
e0271868_9445080.jpg

Tanjong Rhu Pau & Confectionery などよりはバラエティに富んでいるということはなく、逆に言えば少な目です。ここではまず、Makansutra にも書かれていた Coffee Pau を食べてみたいと思っていました。先ほどの記事にも、

"His mini coffee baos was a delight. It was oozing with dark brown coffee-laced sweet lian rong paste and very smooth and soft, not lumpy like some. You just need a cup of kopi o kosong (black unsweetened coffee) to go with it.”

と評されていたCoffee Pau が気になってて仕方なかったんです。
とりあえずちょうどいい休憩タイムだったのでそれをここで食べて帰ろうと思い、オット用にもう一つ、そしてそのほかに、 Meat Pau, Char Siew Pau, Bean Paste Pau をそれぞれ2つずつと Siew Mai を4つ買うことにしました。

おぉ、ホカホカ Bao たちがたくさんいる~
e0271868_95142100.jpg


More
[PR]
by umiteii | 2013-04-05 00:28 | + シンガポール・ローカル

Sum Long Teochew Braised Duck @ Tiong Bahru : ジューシーで柔らかすぎる Duck Noodle を堪能できる店。

Tiong Bahru 辺りはかなり訪れているはずなんですが、たまに「オヤ?こんなとこにこの店が??」というとこがあったりします。まさに今回の店はそんなところでお店の名前は Sum Long Teochew Braised Duck。(←ここでは Duck について超アツく語られています(笑)。興味があればぜひ・・・)

Loo's Hainanese Curry Rice がある Coffee Shop の中にあります。こっちが Loo's Hainanese Curry Rice。
e0271868_1744724.jpg

その左側がこの Stall とあと Wanton Mee のStallがあります。
e0271868_1754579.jpg

ieat には営業時間が Mon-Fri: 7am - 8pm, Sat: 7.15am-4pm, Sun 7.15am - 3pm とあったので平日の15時くらいに行ったことがあったんですが、隣の Loo's Hainanese Curry Rice が閉店時間が早くすでに店じまいをしてテーブルとかも畳まれてて、この店はやってそうだったもののがらーんとしてたんで結局その時は入らず(おそらく中のテーブルでは食べられたはず)。今回、とりあえず行ってみることにしました。こんな写真をみてしまってどうしてもいきたくなり(笑)。

Stall の中では、オッチャンがひっきりなしにダックさんと格闘していました。
e0271868_17104098.jpg

どうしようかなーとメニューを見ると非常にシンプル。Duck Noodle/Duck Rice などのシンプルなメニュー構成のほか、肉オンリーのオーダーも可能。
e0271868_17122141.jpg

アタシは Duck Noodle のドライの $3 のにしてみました。Coffee Shop のなかでドリンクを売ったり、掃除や片づけをしているオッチャンが気さくに話しかけてくれて、これちょうだい、といったところそのオッチャンから店の主人に中国語でオーダーが伝わって、「席で待ってて。もってくから」と言ってくれたので、ベビーカーもあったし外の端っこのほうの広いテーブル席で待つことに。

向こう側には Tiong Bahru Market がみえる~
e0271868_17171777.jpg

隣の方が食べていた、皿一杯に乗った Duck Meat only のも美味しそうでした。どんな感じなのかなと思って待ってたら、自分のがようやく登場~

More
[PR]
by umiteii | 2013-04-04 00:02 | + シンガポール・ローカル

Albert Street Prawn Noodle @ Old Aiport Road FC : 柔らかい海老が印象的な Prawn Mee。

Tanjong Rhu Pau に寄った後、Old Aiport Road Food Centre に立ち寄って目当ての Hokkien Mee をズルズル食らうぞ!と Nam Sing Hokkien Fried Mee に勇んでいきました。が。
e0271868_21544264.jpg

あ。また閉まってる・・・・ orz そんなに日頃の行いがアタシ悪いのかしらん・・・

こんな展開はもう慣れた・・・・(慣れたくないけど) 
どうやらまたちょっとしたお休みの時に来てしまったようです。トホホ。
e0271868_21573934.jpg

ま、しょうがない。でもおなかは減った。じゃー、どうするか?ってことで麵の気分だったので、FC 内をムスコと徘徊!!で、見つけた Stall がこれ。Albert Street Prawn Noodle です。何となーく、蝦麵が食べたかったの!!
e0271868_21591545.jpg

場所的には Hua Kee Hougang Famous Wanton Mee とか Cho Kee Noodles とかの並びにあります。お店には絶えずお客さんが来ていました。
e0271868_22241.jpg

看板には大蝦麵なるものもあるようだったのですが、どのくらい大きいのかまったくリサーチ不足でしたので、普通の蝦麵のドライの4ドルのをお願いしてみました。ちなみに店のオバチャンはめっちゃ怖い感じでした・・・(笑)

「チリは?いるの?いらないの?どっちなの!!(おそらくこんなニュアンスだった気が・・・(汗))」と軽くドヤされましたので(!!)、「あ、ハイ・・・いれて・・・ください・・・・」と神妙にこちらからお願いする始末(笑)。手際よくオッチャンが作ってくれまして、盛り付け担当のオバチャンからはいと渡されたのがこれ。
e0271868_2271750.jpg

いつも Prawn Mee はスープのほうを頼むことが多いのですが、今回はドライにしてみました。スープは結構赤かった。雰囲気としてはWah Kee に似てる!!
e0271868_22101976.jpg

一口スープから飲んでみました。予想よりさらっとしたスープ。蝦のダシが出まくっているという感じではありませんが、見た目の印象とは違うあっさり感です。蝦についてはノーマルなやつだったのに、こんなにでかいのが4個も入ってました(1尾を2つに縦にカットしたのが4つです)。
e0271868_2212851.jpg

味噌も感じられて結構身も柔らかいことに驚きました。そして麵ですが、フライドオニオンとかラードのカリッとしたやつとかがいっぱい入っていて、丼の底には御多分にもれずタレが入ってます。
e0271868_22142167.jpg

もやしもなぜか麵の中に混ぜ込んでありますが、これがシャキッとしたいい食感を出してくれていました。おもしろいのがこちらのチリはチリソースではなくてチリパウダーなんですね!!レンゲに入った粉のやつがそうです。今回こういうパウダーのやつって初めて遭遇した気がします。他のところでは見たことないんですが、どっちがメジャーなんだろ?結構ピリッとしてました。全体を混ぜるとこんな感じに仕上がります。
e0271868_22153828.jpg

麵は中太麵で一般的に Prawn Mee で見られるものでした。味はまぁまぁ。最後のほうはレンゲですくったスープを入れながら麵をいただいてみたりしましたが割とイケました。

適当に入ってみた Stall でしたが、まずまず。Prawn Mee としてはコクのある海鮮(豚骨)のダシ、というのとはちょっとちがってあっさりめのように感じました。個人的な感想としては好みの Prawn Mee の味ではないけれど、これで海老の数、麵のボリューム、味などを考慮したらなかなかコスパはかなりいいんじゃないかしら。うちの近所の Noo Cheng Adam Road Prawn Mee も同じくらい海老が入っていて(あと豚バラとかも入ってるけど)、6ドルなので安い!!
これでこの感じなので、大蝦麵ってどんな感じなんだろう・・・やっぱもっとでかいのかしら。気になったりもする。

何はともあれ、ごちそうさまでした!でもまたこの FC にはリベンジにこなきゃ・・・・ ったく、ホッケンミーよぉーーー!orz

-----
Albert Street Prawn Noodles ★★★☆☆
51 Old Airport Road
#01-10 Old Airport Road Food Centre

* ちなみに、lovehorseさんも2010年に来店されていて、こちらはスープのを実食されていました。こっちのほうがなんとなく美味しそうだなぁ・・・
[PR]
by umiteii | 2013-04-03 09:47 | + シンガポール・ローカル

Tanjong Rhu Pau & Confectionery : Guillemard Road : イーストエリアの隠れた Bao の名店。

イーストエリアで行ってみたいお店がまだまだたくさんあるのですが、その中の一つ、Tanjong Rhu Pau & Confectionery に今回行ってみることにしました。
うちの近所からバスは16番に乗って数十分揺られて、Old Airport FC をちょっと通りすぎるところで下車。ここから一本奥に入った大通りを目指します。とりあえずバスはおりて、ムスコをベビーカーに乗せて、歩く。
e0271868_23411463.jpg

この Cassia Crescent を通り過ぎると目の前は Guillemard Road です。この道沿いです。
e0271868_2342049.jpg

ここをちょっと歩くと目的のお店が見えます。これ!
e0271868_23424420.jpg

他にも店舗がありますが営業時間が長そうだったのでこちらに来てみました。Makansutra にもここの店舗が一番知られてるのではと書かれていました。アタシが訪問したときにも車で乗り付けて買っていかれるお客さんが非常に多かった!
e0271868_23441869.jpg

お店は間口が広くてBao 以外にも店名にある通りお菓子系のものも販売しています。
e0271868_2345172.jpg

ここのお店おオジチャンがとっても親切な方々でして、ムスコと一緒のアタシにも気さくに声をかけてくれました。どれにしよう・・・とメニューをガン見する母。
e0271868_23464911.jpg

アタシがどれにしようと血眼になってる間にもどんどんお客さんが来店されていて、地元に密着した人気店であることがうかがえました。
とりあえず、、、ウマイ豚まん食べたい!!!と思ってみてるとこんな感じでたくさんの美味しいBaoがどんどん売られていきます。
e0271868_23485656.jpg

間近でみても・・・・

More
[PR]
by umiteii | 2013-04-02 13:37 | + シンガポール・ローカル