China Whampoa Home Made Noodle @ Whampoa Drive : すべてにおいて完成度が高い麵を味わえるスゴイお店。

うちのオットが、少し前に家で夕飯を食べているときに
「俺さぁ~、最近板麵(Ban Mian)にハマってるんだよねー」
知ったかぶりのように鼻高々と鼻息荒く話しておりました。

あー、前食べたことあるよ、板麵。きしめんみたいに太めの麵でスープのやつだとあっさりしてるヤツ。でも前アタシが食べたのは失敗で、美味しくなかったな・・・などと頭の中で記憶を巡らせていたんですが、このころから「バンメン、バンメン」と単語を繰り返すようになったことからいやでもあの時のリベンジをするのは今なのか・・・と思いはじめるまでに。恐ろしや、洗脳って(笑)。

それならちょっと足を伸ばしてでもウマイと思える店に出逢いたい!!ということで、lovehorseさんのブログ記事で以前から気になっていたこの店にいかねばと思い、場所を調べ、午前中にバスに乗ってぶらりと行きました。向かうは、China Whampoa Home Made Noodle !!
アタシの家の近所のバス停からは139番のバスに揺られて、Dhoby Ghaut を過ぎ、Tekka Centre を通り抜け、Farrer Park も横目に見て Balestier 方面へ。降りたのはここ、Balestier Tower 前のバス停。
e0271868_1702969.jpg

ここから横断歩道で反対側に渡って少し歩くと Whampoa Drive に出ます。
e0271868_1722029.jpg

この奥に見えるグリーンの屋根の建物が目指す場所。歩いていくとこんなのもあったり。
e0271868_173562.jpg

へぇぇぇ・・・・と思いつつ、そのままムスコを抱っこしてテクテク歩く。そうすると Whampoa Market がまず目の前に見えてきます。
e0271868_1735997.jpg

まだお昼よりずいぶん前だったので活気に満ちていました。こういうところってなんか雰囲気を楽しめるから好きだなーー。
e0271868_175515.jpg

んで、そこからもうちょっと先にいくと Food Centre があります。この Blk#91 がそれです。
e0271868_1753850.jpg

朝ご飯のピークは終わったタイミングかなと思ってたんですが、結構にぎわっている FC で、気になる Stall がいくつもありました。
e0271868_177206.jpg

が、今回はここで道草を食っているわけにはいかず、そのままターゲットを探すと、サクッと見つかりました。ここ!!
e0271868_178256.jpg

14時までしか営業しない店で、しかもピーク時にはめちゃくちゃ待つと聞いていたんで、どうだろ、って思ってたんですが、思ったより空いてました。ちなみに9時半ごろに行ったついた記憶があります。
e0271868_1710748.jpg

店の中ではすごく細いお姉さんが調理を主に担当されていて、外ではお兄さんがお客様の対応(会計とか)をされていました。2人ともすごく若い。頑張ってるエネルギーがヒシヒシと伝わってきました。
e0271868_1713051.jpg




この店は板麵では Makansutra でも6本箸を獲得しており、バスの中では板麵のスープのやつを食べようと思ってたんですが、バスを Stall の前に着いた瞬間にコロッと気が変わりまして(笑)。

オットが、
「細い麵は幼い麵と書いて幼麵っていうんだぜ~、板麵があるとこではたいていあるよん」
と自慢げに話していたのを思い出したので、細麺好きな自分としてはここはへそ曲がりを前面に押し出すべく(爆)、「その幼麵のドライのやつにしてみようじゃないの!」と思い立って、Home Made Noodle のドライの$4 のを一つ、麵は幼麵にして~とお兄さんに伝えたら "OK, lah ~ With chilli?" と聞かれたんで チリもお願いしました。中ではお姉さんが細腕で自家製の麵をオーダーにそって一つずつ丁寧に茹で上げ、具材をトッピングしてくれまして。これを一つ一つきちんとしているから、ここの Stall の待ちはすごいんだろうな・・・と考えたりしました。丁寧な仕事をしているという印象を強く感じましたよ。

そして、完成した丼に最後の仕上げをお兄さんが担当。アタシのはダークソースが最後にかけられて、チリが真ん中にトッピングされて、ハイ、と手渡してくれました。それがこれ。
e0271868_17215472.jpg

ドライの麵なので、スープは別のカップに入れて添えられています。上から見た図。
e0271868_17225064.jpg

いやーーー、見た目もなんか綺麗で美しくないですか?これ。白っぽい麵にグリーンの野菜と赤い海老、チリ、黒いソースが彩りよくかかってる。
e0271868_17255347.jpg

大き目な蝦が3尾と、豚肉のミンチのボール、青菜、カリカリっとした小魚とかいろいろ入ってる。トッピングがここまでバラエティに富んでいるのは嬉しいし、何より有頭の海老がさらに丼を華やかに見せてくれています。

とりあえず全体を混ぜてみる。
e0271868_17325273.jpg

いっぺんに全体が黒く仕上がった(笑)。でもいい香りが漂ってきて、いますぐにでも食べたくなってくるのが不思議。
e0271868_17345715.jpg

ここからは、最近割り箸を持ち歩いているので(ホーカーのツルツルのプラスティック箸では滑りすぎて辛酸をなめまくっているので・・・)、それに持ち替えてずるっと食べてみると・・・・

うわーーー!麵がめっちゃモチモチ

そしてソースの味が絶妙。lovehorseさんも偶然にも最近、これと同じのを食べられたようなんですが(そのレポはこちら)、本当に色は濃いけどその色通りの味の濃さではないのです。チリもしっかりとした辛さが効いてきます。美味しい!!!

そして何より具材が豊富でいろんな食感と味が混ざり合うので、何とも表現しがたい味わいが口に広がります。特にこの小魚のカリカリのとかいい感じ♡ 具材のメインの海老はプリプリしていて柔らかく、ウマイ~!!
ちなみにアタシは辛いのが得意なのでチリを入れても大丈夫ですが、辛いのが苦手な方はチリは控えめに、そしてダークソース自体も少し少な目って言ったほうがいいかも。

さらに、ついてきたこの別添えスープ。
e0271868_17414164.jpg

これがまたあっさりしているのだけどダシがでている美味しいスープなんです。魚からとっているのかなぁ。ほんとうにほっとする味。しかも熱さも程よい(アタシは熱めなのが好きなのですが、ちょうどそれにマッチした温度でした)。ふぅ。

これで $4 ってスゴイと思う。コスパが高いし、何より満足度が高い。すごいなぁ、頑張ってるなぁご夫婦・・・と思いながらずるずるすすってましたら、ムスコが「めーん、めーん!」と言いながら隣のテーブルのおっちゃんところに行って遊んでもらってました・・・・・
e0271868_174439100.jpg

* おじさんたち、ありがとうございます・・・・めーん、めーんとうるさくしましてすみませんでした・・・・

とりあえず、食べ終わって大満足。ごちそうさまでしたと手を合わせて席を後にし、Stall 前を通りかかったら10時近くにはかなり空いていました。なのでそのあたりの時間がねらい目なのかも?
ココから来た道をそのまま戻ってバス停へ。
e0271868_17505494.jpg

若さと脈々と受け継がれる技・味をいろんなところで感じられた一品でした。スバラシイ。よっしゃ、次回は板麵だな!

-----
China Whampoa Home Made Noodle ★★★★★
Whampoa Market, Whampoa Drive
Blk 91 #01-24
* このお店は Makansutra の Ban Mian のカテゴリで6本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-14 00:47 | + シンガポール・ローカル
<< See you, Singap... Prawn Mee を求めて三... >>