Tan’s Tu Tu Coconut Cake @ Havelock Road : 菊の形が可愛く、味も美味しい素朴なローカルスイーツ。

こちらに来てから、Kueh Tu Tu というローカルスイーツの存在は知っていて、かつ作っているところも何度も見たことがあったのですが、実際に食べたことがありませんでした。

そんな時、以前ケーキ教室で楽しい時間をすごさせていただいた藤川先生が連載されている Elle a Table の記事を拝見しまして(記事はこちら)、これはやはり一度食べておきたい!と思い立ち、何気にうちの近くにありそうだったので行ってみることにしました。ターゲットは Tan’s Tu Tu Coconut Cake。Clementi にもあるようですが、アタシが言ったのは Havelock Road 沿いにある HDB 内の FC にある小さなストールです。
e0271868_15462877.jpg

こんな感じののどかな場所に到着して、ここの中のほうに入っていきます。
e0271868_15471169.jpg

目的のお店はこの 22B というブロックの中にありました。
e0271868_15484689.jpg

ここ!!この日も続々とお客さんが切れ間なく来店して一人で何十個も買っていくひとも見かけました。ひゃ~
e0271868_1553529.jpg

赤い看板が目印。
e0271868_1551648.jpg

Stall の中ではオバチャンがどんどんと Kueh Tu Tu を作っていました。菊花の型に米粉を詰めて、ピーナッツやココナッツの餡を入れて蒸しあげたとってもシンプルなお菓子。
e0271868_15562055.jpg

ここでは5個で $3 だったので、ピーナッツ餡のを2つ、ココナッツ餡のを3つくださいと言ったら、袋にいれて手渡してくれました。おっしゃ、買ったどーーー!
e0271868_15571396.jpg

せっかくなので帰り道につまみ食いをしながら帰ることにしました。



このあたりもどんどんと HDB とかコンドミニアムとかが建設ラッシュになってます。近くに地下鉄が通るようになるからかなぁ。
e0271868_15584882.jpg

シンガポール、勢いあるなぁと思いつつ、買ったお菓子のココナッツの方を一つ食べてみると、見た目は白くてかるかんみたいな感じ。食べた一口目の食感もまさに同じような印象。米粉独特のモッチリ感が感じられます。そして中のフィリングのココナッツもブラウンシュガーとかで味付けしてるのでしょうか。色はブラウンに染まっていて、素朴な味わい。そしてココナッツ独特の繊維の感じがまたいい感じ。大きさもとっても小さいので、ローカルの方がたくさん買っていかれていた理由がわかった気がしました。蒸したてのは最高!

家に帰ってからもピーナッツの方を食べてみました。
e0271868_1645341.jpg

ピーナッツの方も香ばしい風味が感じられて、美味。
e0271868_1692126.jpg

個人の好みはありそうですが、アタシもココナッツの方がより好きかも。
e0271868_169433.jpg

でもどちらも懐かしい感じがしてウマかったです♪

このお菓子を作っているお店もどんどん少なくなってきているとのことで、少しさみしいような気もしますが、シンガポールという国や文化を感じられるこんなお菓子もまだまだ残ってほしいものですな。

------
Tan's Tu Tu Coconut Cake ★★★★☆
Blk 22B Havelock Road #01-25
* こちらのお店は Makansutra の Kueh Tu Tu のカテゴリで4本箸を獲得しています(ただし2011年版)
[PR]
by umiteii | 2013-04-06 00:34 | + シンガポール・スイーツ
<< You Peng Fresh ... Home-Make Pau S... >>