「ほっ」と。キャンペーン

Cafe de Hong Kong @ Balestier Road : カフェという名の絶品ローカルレストラン。

今回、以前からブログを通して存じ上げており、アタシ自身もそのブログの大ファンである lovehorse さんがシンガポールに突撃されるとのことで、その滞在期間中にご飯でもどうですか?と声をかけていただきました。

うほ!嬉しい~!どうせなので「それなら週末のお昼にでもいかがでしょう?あ、すいません、オットも(実はブログの大ファンでして)、お邪魔でなければ一緒でもいいでしょうか?そのほうが種類いろいろ頼めますし・・・・あ、あと子守も頼めるし・・・」と何ともアカラサマな申し出をさせていただいたところ「いいわよ~」とあっさり快諾(笑)。ありがたい。

いろいろと事前に下調べをして、店をリストアップしたのを見ていただき、「ここは umiteii さんにお任せします!!」と言っていただいたので、初めて行った店がとんでもないことだと(マズイとか酒がないとか)ヤダなーってことでその前の週にオット(とムスコ)と偵察にいきました。向かったのは Balestier Road。お店は、ココ。
e0271868_21494627.jpg

この「新天地・・・」と書いてある看板の店が目的地です。店に近寄ると入口はこんな感じ。結構広めなレストラン。
e0271868_21505038.jpg

ほーと思っていたら、このときちょうどスコールが来た時だったのでタイミング的には絶妙(笑)。そのまま中に入りました。そうすると想像していたのとは別の空間が広がっています。
e0271868_21524068.jpg

何となくカフェっぽいインテリアだったりします(笑)。お店のご主人らしき方が「あの子が書いたんだよ」と言っていたんですがホントなのかな。いろんな作風のものたちがあって可愛らしいです。
e0271868_21544221.jpg

芸が細かい。
e0271868_21551834.jpg

マーライオンもちゃんといた!
e0271868_22531169.jpg

今回は万全を期して予約しておいたので奥の方に通していただいて着席。目の前にはオススメメニューも掲げてありましたよ。
e0271868_2157890.jpg

店内のディスプレイはカフェっぽい印象を与えるものが多いけれど机とかイスはかなりローカライズされていて普通のレストランって感じなのでその辺はご注意を。でも、これ見てずっと来たかったの!!!
よっしゃ食べるぜ!ってことでメニューを拝見しつつ、まずはビールっ!!!
e0271868_215989.jpg

ここは缶ビールをわざわざグラスについでくれます。しかも割と安い。お決まりの茹でピーナツの箸が進む~
んで、食べ物食べ物~とメニューを見てるとおばちゃんがいろいろオススメを教えてくれました。
それを聞きつつ食べたいものをいくつかチョイス。まずは前菜チックに帆立を。帆立の炒め物、ブロッコリー添えとでもいったほうがいいのかな。そんな感じのものです。
e0271868_222982.jpg

帆立がやわらかい!しかもウマミがたっぷり!ブロッコリーの歯ごたえがこれまた違うのがいいですねぇ。にんにくとしょうがなどの香味野菜の香りと味わいもまたいいアクセントになってて、ふー、またビール進んじゃう。



そして、その後は Roasted Crispy Chicken。これは事前予約が必要なメニューです。半羽をオーダーしていたのがこれ。
e0271868_2255725.jpg

これ、写真だとわかりにくいですが、かなりのボリュームです。そしてサーブされたときの肉から漂う香りがたまんない!!!
e0271868_2264855.jpg

我慢できず、一ついただいてみると、、、、皮がパリパリ。かつ皮の下に隠れた肉がこれまた厚いのにやわらかくてジューシー。
e0271868_22102148.jpg

すっごい美味しい。これはこれまで食べたシンガポールのチキン料理の中でもかなりの上位に入ると思う(個人的な感想)。それくらい感動したのです。

あとは魚介類もなんか食べたい!ってことで海老好き家族なので Salted Egg Golden Prawn なるものをチョイス。それがこれ。
e0271868_2210022.jpg

これなんですが・・・・・ 海老一匹の大きさもかなりありますが衣の味付けが絶妙。Salted Egg(塩漬けの玉子)がベースになってると思うのですがあれの塩味が後味としても残り、衣もサクサクしていて本当に美味。いやー、、ウマイ!旨い!

でもまだご飯食べてないね。。。。ってことで飽きもせずチャーハンをオーダー(笑)。
Fragrant Fish Roe Fried Rice をオバちゃんがオススメしてくれたのでそれにしてみました。それがこちら。
e0271868_2214026.jpg

Fish Roe ってなんだろ?って思ってたんですが普通に調べると「腹子」。こちらのは写真ではわかりにくいのですがチャーハンに細かい赤い点が見えるかと思うのですがそれにあたります。とびっこみたいな感じで食べてみるとプチプチして食感もやみつきになる。しかもチャーハンはしつこくなくてさらっとしていてこれまた美味。
お店の方もとってもフレンドリーで、料理を食べている間、待っている間もムスコをあやしてくださいました。
e0271868_2218942.jpg

非常に楽しそうなムスコさん。その横でモクモクと食べるアタシとオット・・・・(笑)。

かなり満足したので、今回の lovehorse さんとのランチもここに決めて、待ち合わせ時間だけ設定して当日お店で落ち合うことに。

アタシたちは10分前についたのにすでにお店の中で待っていらっしゃって大変申し訳なかったです。スミマセン。いつもブログで拝見するパワフルなイメージとは違い、とってもフェミニンな女性がそこに佇んでいらっしゃいました。
思わずお会いした時に「あの、、胃の方は大丈夫ですか?」と失礼ながら聞いてしまったのですが(笑)、いやはや、あのアクティブさとエネルギーがどこからわいてきているのだろうと思うくらい笑顔がチャーミングで小柄な素敵な女性。お互いに初めてではあるものの、まずはビールだよね!ってことでビールのジョッキを3つカチンと鳴らして乾杯しつつ、会話しながらお料理をオーダー。

お料理の大半は前回の予習時に食べたものをお願いしたのですがご飯ものだけクレイポットライスにしてみました。これは「30分くらいかかるけどいい?」と念押しされたんですが、 OK,lah といって(シンガポール風)オーダー。こちらのはこういう鍋にご飯だけ炊かれたものがでてきて、具材はトッピングするスタイルで今回これは初めて。
e0271868_22255873.jpg

これを混ぜて・・・・
e0271868_22281080.jpg

お茶碗に一人分ずつ取り分けてくれます。
e0271868_22284122.jpg

好みで、これらの具材をトッピングして一緒に食べるというスタイルです。中華ハムとかローストポークとか青菜とかいろいろ乗ったプレートが別にサーブされます。割としっかりと量があります。
e0271868_22291430.jpg

おこげも別に取り分けてくれたりして、至れり尽くせりな感じでした。
クレイポットライス自体はまずまずだと思ったのですが、個人的にはご飯も具材も一緒に炊き上げて混ぜ込んで食べるスタイルのほうが好きかも。Le Chasseur とかね。でも新しい発見ができたのはよかったかな。

そして、酢豚好きでいらっしゃる lovehorse さんに、これどうですか!とお節介にもオススメさせていただいた酢豚がこちら。
e0271868_22313624.jpg

パイナップル入ってる感じですみませぬ・・・・でもお肉自体はさっくり上がっていて甘酢の塩梅もなかなかよかったかと思います。これで$10は安いね!!!

こんなお料理などに舌鼓を打ちつつ、大人3人でいろいろとシンガポールのあれこれとか仕事の話とか、プライベートな話とかもちろんローカルフードのあれこれとか・・・もろもろをたっぷり話しつつビールは3人で3杯ずつ消費(笑)。
気づいたら1時間半以上経過していて正直びっくりしました。でもそれくらい楽しい時間と充実した空気を味わえたのだと思うと本当に嬉しかったです。

lovehorseさんもアタシと同じで今も仕事を持っておられるものの、そんな中でお子さんをしっかりと育てられてきて、現在はいろんなことに精力的にチャレンジされている、アタシにとっては鑑のような存在。もともとはシンガポールの情報を探していたときに行きついたのが彼女のブログだったのですが、その内容に圧倒され、シンプルかつダイレクトな記事がこれまたアタシのツボをくすぐるものばかりで、それからずっと大好きなブロガーさんの一人であったりします。たおやかな空気の中にもウィットが効いた会話がこれまた素敵で、話しながらいろんなものが触発された気がしました。

お話しさせていただいて、アタシも将来こんな風になっていたいなぁと改めて思いました。そして、何年後かに彼女のように笑顔で人生を存分にエンジョイできてるよ!と笑えてる自分がいるかな、なんてのも考えたり。なんとなく将来の目標みたいなものが見えたような気がして、そういうのも嬉しかったな。

最後は近くのバス停でそれぞれ目的地行きのバスを待ちつつ、お別れ。
バスにのって中からバイバイと手を振るのもなんだかさみしく、うーん、いい出会いだったなぁと一人満足。

lovehorseさん、本当にありがとうございました。すっごい楽しかったっす!!!
日本帰国、おきをつけて~(飛行機も、胃もね(笑))、また会いましょう!!!

このお店の外にはこんな看板もちなみにありました。もう我が家は顔を覚えてもらってるみたいなのでなんとなく嬉しいけれど、予約必須のメニューもあるのでそのあたりは要注意です。
e0271868_22522819.jpg

お店にあったこんなイラストもホンワカしちゃう、オススメの、そしてアタシ的にいろいろな意味で心に残るお店の一つとなりました。
e0271868_22535710.jpg


----
Cafe de Hong Kong ★★★★★
586 Balestier Road
#01-01 Eastpac Building
Singapore 329898
Tel: +65 6255-3865

* こちらのお店は Makansutra の Cze Cha のカテゴリで5本箸を獲得しています(2013年版)
ちなみにCze Chaは、ホーカーとかコーヒーショップとは違い、メニューから好きなものをオーダーしサーブしてもらうといういわゆるレストランのような意味みたいです

[PR]
by umiteii | 2013-03-24 00:00 | + シンガポール・ローカル
<< Wah Kee Big Pra... Tom's Palet... >>