Oyster Bar & Grill wharf @ Robertson Quay : 川沿いのレストランで牡蠣三昧のディナー。

この間、ひょんなキッカケで、アラコさんから「カキ食べにいきませんか?」とお誘いをいただきまして、お店の場所と存在は知りつつもこれまで行ったことがなかったこともあり、ぜひぜひ!と喜び勇んで行ってまいりました。
お店は Robertson Quay の Quayside にある Oyster Bar & Grill wharf
e0271868_18331851.jpg

こちらの営業はディナータイムのみ。なので、日も落ちていい感じのムードになってくる夕方ごろ、お邪魔しました。お店に伺うと、ディレクターのカキモトさんからこれまた牡蠣のカタチのお名刺まで頂戴しまして、どこまでカキ尽くしなの~!とちょっとテンションがあがる(笑)。
待ち合わせは17時だったのですが少し遅刻しての参上。まだオープンして間もなかったのでお店は比較的空いていたのですが帰るころには牡蠣料理に舌鼓を打つお客様でにぎわっていました。
ご挨拶も終えたところで、ちらりと店内を拝見。
e0271868_1837243.jpg

厨房ではシェフの方々が準備をしっかりと分担されていて、こういうのを間近で見ながらお料理をいただけるのもなんだかいいですよね。で、ふと手前に目線を移すと・・・・
e0271868_18382168.jpg

ぬぉ、、、、こんなに牡蠣が!!牡蠣たちがっ!!!
こんな風に牡蠣がディスプレイされているのも一興でつかんでポケットにいれてしまいたくなるわ(笑)。もちろんテラス席以外にも店内の落ち着いた席もあり。
e0271868_1840531.jpg

シチュエーションによって使い分けられそうな感じだなーと思いました。

そして、席について集まったメンバーと会話しつつ、「お飲物はどうしますか?」と聞かれたので、牡蠣には白ワインかなぁ、いやここはグビっとビールか・・・・と思案してたんですが、こちらのお店はモヒートがなんと100種類くらいあるらしい。
e0271868_18415445.jpg

それならやっぱりモヒートをいただいてみよう!ということで、Dry のモヒートから Mojito Stream ってやつにしてみました。もちろんノンアルコールのモヒートやフレッシュジュースを使ったモヒートなどもあって目移りしますね~
ってことで、とりあえず乾杯!!いろんな色で傘とかがのっかってるのとかもなんか可愛い。
e0271868_18461139.jpg

* ちなみにこれらは全部モヒートです。フルーツのもあり、ノンアルコールのもあり・・・・

アタシがお願いしたモヒートもちょうどよいアルコールの濃さと甘さ(辛さ)で美味しかったです。そして、ドリンクのおつまみがまずはサーブされて。
e0271868_1849489.jpg

これ、名前を聞き逃してしまったのですがすごくお酒と合う一品。さくっとしたチップスにこのトッピングを載せていただくとどこまででも食べられそう。その合間にも次々といろんなお皿がサーブされます。このトマトのサラダもドレッシングがいい感じだった。ちょっぴりハーブの香りも感じられるところがさわやかさを演出しててグー。
e0271868_18514488.jpg

その後、メインの牡蠣がどどーんと登場。生牡蠣!!
e0271868_18505045.jpg

こんな風に氷がいっぱい敷き詰められた入れ物に牡蠣が鎮座していました。この日いただいたのは、オーストラリア産・フランス産・アメリカ産の3つの産地のもの。牡蠣と一緒にレモンソルト、トリュフオイル、カットしたレモンが添えられていました。
e0271868_1854783.jpg

そのままレモンを絞ってシンプルにいただくと、牡蠣のフレッシュさがダイレクトに伝わってきて美味しい!さらに別の牡蠣ではレモンソルトやトリュフオイルをかけていただいてみましたが、こうするとまた違う味わいを感じられて、こんな食べ方があるのかーと無知な自分はプチ衝撃を受けました(笑)。

牡蠣は生牡蠣だけではありません。こんなものも。




こちらは牡蠣のワイン蒸し。
e0271868_18563153.jpg

鍋の中には熱く熱された石がいくつか入っていまして、このポットの中にワインを店員さんがおしげもなく入れてくださいます。ワインが入るとたちまち湯気が立ち込めワインのいい香りが漂う~ すぐさま蓋をして数分おいていただきます。
e0271868_1914259.jpg

出来上がった頃合をみて、皆それぞれに一つずつ取り、殻を開けるとぷりぷりの牡蠣がお目見え。うまい!

牡蠣料理はまだまだこれから。お次は焼牡蠣。こちらは4つの牡蠣が載ったプラッターでしたが、それぞれ異なる味付けが施されています。
e0271868_193850.jpg

ガーリックバターの味付けのもの、モッツアレラのチーズがのっかったものなど見た目もここに違って味の変化も楽しむことができるのって嬉しい。
これだけ牡蠣を堪能したのに、この時「やっぱりカキフライ食べたい」というリクエストが飛び出て、お願いしてみたカキフライがこれ。
e0271868_1942953.jpg

牡蠣の殻に入った盛り付けの工夫も素敵。でもこれだけではありません。
e0271868_195235.jpg

フライを取り出すと下にはソースが隠されているという面白い嗜好。揚げたてサクサクの衣も、もちろんメインの牡蠣のジューシーさも◎!おかわりしたくなったくらいです。

そんなこんなで牡蠣をいろんな形で楽しんでいたアタシたちでしたが、メニューをみてほかの料理にもトライしたい!ということでサイドメニューもいくつか。お魚(サーモンがメイン)のカルパッチョとか。
e0271868_1973451.jpg

色鮮やかなバーニャカウダとか。
e0271868_1984651.jpg

このバージャカウダはソースのアンチョビのコクと味が美味しく、どっぷりつけそうになったり(笑)。
e0271868_1993441.jpg

お野菜もタケノコやビーツなども入ってたりして、いろんな種類が楽しめるところがこれまたよい!

そして、まだまだ食べるアタシたち。こちらは海老のお料理ですが非常に一匹の海老が大きくて食べごたえがありました。
e0271868_19115250.jpg

それから、魚介類だけじゃなく、やっぱりニクも・・・・ということでステーキもこんなすごいボリューム。
e0271868_19123288.jpg

やっぱり炭水化物も欲しいよねってことでガーリックライスも一つ。こちらは非常にガーリックの香りが豊かで、鉄鍋で供されるってのはなんか面白い。
e0271868_1913259.jpg

さらに、最後の〆はなんとデザートならぬ・・・・ フレンチフライ(笑)。
e0271868_191498.jpg

トリュフオイルがかかったこちらのフライは、皆それぞれに手が伸び、これまでにたくさん食べているのにポテトは別腹・・・という言葉があるのではないかと思ったほど(爆)。

本当にいろんなメニューをいただきましたが、どれも出来立て、アツアツなものを提供していただき、これでもかというほど胃袋と心が満たされました。
アタシはこの日ムスコと一緒にお邪魔したのですが、スタッフの方々も大変親切でムスコをあやしてくださったりして大変助かりましたし、食事をしている間も細やかなサービスをしてくださる気持ちいいお店です。
本当にカキモトさん、いろいろとありがとうございました。そしてご一緒いただいた皆様、楽しい時間をありがとう~♪

-----
Oyster Bar & Grill wharf
60 Robertson Quay #01-01 Quayside
Singapore 238252
Tel:6235-2466
[PR]
by umiteii | 2013-03-16 00:00 | + シンガポール・その他食べ物
<< Fatty Cheong @ ... 一時帰国でお買いもの in J... >>