Kay Lee Roast Meat Joint @ Upper Paya Lebar Rd : ローストを求めて遥々ノース方面まで。

先日、ABC Brickworks Food Centre の Fatty Cheong に行ったらしまってた件を書きましたが、玉砕したもののそれからもずっと Roast 系のがっつり飯食べたい!!という熱は冷めやらず。そこでなかなか平日だと遠くて行けないからこのチャンスに!とアタシのエゴで(笑)、週末にオットと(ムスコと)新規開拓。

向かったのは Upper Paya Lebar Road のほう。パスだと50分とか Google さんが教えてくれたので、この日はもうタクシーで行きました。うちからは$10チョイ位だったかな。訪れたのは Kay Lee Roast Meat Joint、Cantonese Roast ではおそらくかなり知られたお店だと思います。
e0271868_944327.jpg

この日は日曜だったんですが、到着したのがお昼時に重なっていたためかなりお客様が詰めかけていらっしゃいました。アタシたち以外ほぼ99パーセントローカルの方たちです。店の外まで行列ができてました。お店自体は奥のほうまであって、テーブル席でがっつりお肉をおかずにご飯を食べていらっしゃる方たちであふれていましたね。

こちらの Roast 系のお店ではおなじみですが、ガラス窓のコーナーには叉焼やローストダック、ローストポークなどの肉たちがたっぷりつりさげられていて、髪の毛の色がとってもカラフルな(笑)オバちゃんがガッツンガッツンと肉をカットしてました。
e0271868_9491240.jpg

待ちQの多くは Take Away のお客様で、一人でいくつも買っていくので(家族の分?)結構待ちました。我が家はその場で食べて帰るつもりだったので何にしようかなーと考えつつメニューをぐるっとみても・・・・・

それらしきものがない(汗)。Σ(゚Д゚;)アラマッ

こんな店にくると、何となくそれっぽい表記のボードみたいなのがかかっているんだけど、、、なんか見当たらずで。自分たちの順番が来るまでに見つけないと・・・・とオットと目を凝らして探してみたんですが、なんかこれかしらん・・・・とちょっと半信半疑な感じの中国語で書かれたものがあったにはあったんですが、中国語には全く造詣がない2人ではまったくわからず。とりあえずこれまでの経験から、Roasted Duck Rice と Char Siew/Roasted Pork Rice を頼んでみました。それから冬瓜入りのスープも一つ。これみて、食べてみたかったの!!

とりあえず、メニューないの?とあたふたするのを避けるために、訪れる前には食べたいもののイメージを伝えられるようにしておくとよいかと思います。

で、オットにオーダーを任せて席に座ってムスコにご飯を食べさせつつ待ってると・・・席からはオバちゃんたちがそれぞれの仕事をしっかりとこなしているのが見えました。
e0271868_100241.jpg

この店ではイートインでテーブルに座るとオバちゃんがやってきて「何人?」と聞いてきます。「2人」と答えると、チリとかを入れる小皿みたいなのとスプーン&フォークの食事セットみたいなものを人数分用意してくれます。その時にご多分に漏れず、「Barleyはいるか?」と聞いてくれます(Barleyは大麦から作られたちょっと甘目のジュースでシンガポールではよく見かけるドリンクの一つです)。まぁいらなかったので「いらないわ~」と言ってそのまま待つ・・・・ ちなみに会計は食べ終わって帰るときにするというシステムです。
お店の中は家族連れの方以外にも一人でさくっと食べて帰って行かれる方も多く、回転が速いようにみえました。
e0271868_105694.jpg

そして待つことほんの少し・・・・ でてきた!!
でも・・・・あれ、、、、

頼んだのは Char Siew/Roasted Pork Rice だったはずが、ローストポークのみが乗っかったご飯が・・・・・ orz
これではまったく意味がないじゃないよぉ~、どうやってオーダーしたのよーー!!とオットに喝を入れたところ、とりあえずそのプレートを持って「これに叉焼をどーんと載せてくれ!!」とお願いしてくれてでてきたのがこれ。




e0271868_959356.jpg

皮目が見た目からパリッとしたばら肉のロースト、そして、さらに目を引くのがテリッテリのこの叉焼!!!素晴らしい輝き・・・・・♪ご飯には結構甘いタレがかかっています。

とりあえず食べてみるぞ!ってことでローストポークから。いつも食べているものよりは若干塩加減が抑えめでしょうか?そしてカットの仕方が結構雑(笑)。大きさが不ぞろいなのもご愛嬌ですがこの手のローストポークは厚さが均一だとなお嬉しいのだけどなぁ(全体の量は多くなくても厚めにスライスされているとご飯とあう気がするんです)。そしてお次は叉焼ですが・・・・これ、すっごく美味しい!!!今まで食べた叉焼の中ではかなり上位・・・個人的には3本指に入るかもってくらいジューシーで肉厚、しかも味付けが甘すぎることがなくって美味でした!!!
ただし、ご飯にかかっているタレが結構甘いので、アタシ自身としてはチリを混ぜていただくことをおすすめしたい一品です。

そして、ローストダックのライスがこちら。
e0271868_10104459.jpg

これもカットが何となく雑(笑)。ごはんの上に厚さがまばらなダックの肉がどーんと載っています。全体の量としてはそれほど多すぎることもなく、かといって少なすぎるということもありません。
これも全部をマゼマゼしていただいてみましたが、うん、これはお肉もやわらかく普通に美味しい。でも特に大きな感動がなかった(汗)。ダックだけなら、Foong Kee や Toh Kee, Hong Kong Jin Tian のほうが個人的に軍配が上がるかなぁ・・・・・うーむ、この辺は好みも大きく左右するからなぁ。

で最後にもう一つ、今回頼んだスープが登場でそれがこれ!
e0271868_10162461.jpg

柔らかく煮こまれた冬瓜と豚肉がゴロゴロと入ったシンプルで、でも味わい深いあっさりしたスープ。これはめっちゃ美味しかったです!!オットなどは「これだけを飲みに、ここにまた来たい」と言っていました。なんかほっとする美味しいスープでしたよ。
e0271868_10224173.jpg

こちらのお店は Makasutra の Cantonese Roasts のカテゴリでも5本箸を獲得しているお店なので、かなり期待して訪れたのですが、正直言うと・・・・期待通り、というか期待以上のものがないなぁというのが率直な感想です。美味しいけれど、予想もしないスタイルや味が待っているかと言えばそうでもないかなぁと。
まぁ、何はともあれ、自分に合った味とお店を探して開拓するのは楽しいですね!!

帰りはMRTで帰ろうと思っていたので家族で膨れた腹を抱えながら、Upper Paya Lebar Road を歩いて・・・・
e0271868_10213343.jpg

この辺りまで来ると、Serangoon とかもすぐそこ。5分程度歩くだけで、Circle Line の Tai Seng という駅に着いちゃいます。
e0271868_10221995.jpg

こんな駅、初めて知ったよ・・・(笑) この店に来なかったらこの駅も知らずにいたかと思うと、それはそれでいい経験になったな~
自分自身のシンガポール経験値が上がったかも、などと勝手に解釈しつつ、帰途についたのでした。ごちそうさまでした!!!

------
Kay Lee Roast Meat Joint ★★★☆☆
125 Upper Paya Lebar Road
Tel: +65 6743-8778
* この店は Makansutra の Cantonese Roasts のカテゴリで5本箸を獲得しています(2013年版)
[PR]
by umiteii | 2013-03-06 10:26 | + シンガポール・ローカル
<< Just Want Coffe... しゃぶしゃぶ玄 @ Shaw ... >>